新着記事/関連記事

「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?

SBI証券が9月22日から、楽天証券が9月24日から「つみたてNISA」の受付を開始する。


リスク許容度を診断するシンプルな方法〜リスク資産が半分になっても3年間耐えられること

リスク資産のアセットアロケーション(資産配分)を決めるときには、各自のリスク許容度を考慮すべきと言われている。


リスク資産のアセットアロケーション(資産配分)を簡単に考えるための7パターン

アセットアロケーション(資産配分)に正解はないが、考え方としては大きく分けて最適配分、時価総額配分、均等配分の3つがある。


つみたてNISAにおける投信の繰上償還リスク〜過去に繰上償還されたインデックスファンド

2018年1月にスタートする「つみたてNISA」対応で格安インデックスファンドが続々と設定されている。


デルタスカイマイル・アメリカン・エキスプレス・カードを解約

デルタスカイマイル・アメリカン・エキスプレス・カードを解約した。


独身時代・DINKS時代の貯蓄戦略〜不相応な固定費の引き上げは要注意

人生には貯蓄が容易な時期と貯蓄が困難な時期がある。


子育て世代が注意すべき「iDeCo」の引き出し制約と「つみたてNISA」の活用メリット

長期投資家にとって「iDeCo」の活用メリットは大きいが、特に子育てをしている人やこれから子育てをする人にとっては注意が必要だ。


生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える

日経電子版に「投資デビュー100万円ためてからに理はない」と題する記事が掲載された。


つみたてNISAフェスティバル2017(つみフェス2017)に参加〜進む信託報酬値下げ競争

金融庁主催「つみたてNISAフェスティバル2017(つみフェス2017)」に参加した。


つみたてNISAフェスティバル2017(つみフェス2017)前の信託報酬値下げ状況

金融庁主催「つみたてNISAフェスティバル2017(つみフェス2017)」が9月10日に開催される予定だが、その開催前段階でのインデックスファンド信託報酬値下げ状況を調べてみた。

続きを読む >>

| 1/257PAGES | >>

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    ゆうき (09/19)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    パイン (09/17)
  • 金融庁へ「個人投資家からの税制改正要望」(NISA制度等)について意見を提出
    オーナーTH (08/09)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (06/08)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (06/08)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ゆうき (06/04)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ハイマージェ (06/04)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (05/11)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (05/11)
  • 2016年9月30日現在の妻のアセットアロケーション(資産配分)と投資商品
    ハイマージェ (04/25)