新着記事/関連記事

つみたてNISAにおける投信の繰上償還リスク〜過去に繰上償還されたインデックスファンド

2018年1月にスタートする「つみたてNISA」対応で格安インデックスファンドが続々と設定されている。


つみたてNISAフェスティバル2017(つみフェス2017)に参加〜進む信託報酬値下げ競争

金融庁主催「つみたてNISAフェスティバル2017(つみフェス2017)」に参加した。


つみたてNISAフェスティバル2017(つみフェス2017)前の信託報酬値下げ状況

金融庁主催「つみたてNISAフェスティバル2017(つみフェス2017)」が9月10日に開催される予定だが、その開催前段階でのインデックスファンド信託報酬値下げ状況を調べてみた。


金融庁「個人投資家との意見交換会」に参加〜店舗証券もつみたてNISAで信託報酬0.2%水準へ

金融庁主催の「個人投資家との意見交換会」に参加した。


eMAXIS Slimシリーズは投信コスト競争に歯止めをかける存在になるのか?

久しぶりの投資ネタになるが、三菱UFJ国際投信が格安インデックスファンドの「eMAXIS Slim」シリーズを設定するとのニュースが飛び込んできた(三菱UFJ国際投信プレスリリース)。


投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016に投票〜私が選んだファンドと配点理由

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016に投票した。


ニッセイが<購入・換金手数料なし>シリーズの信託報酬を引き下げ〜新規投資対象を変更

ニッセイアセットマネジメントが<購入・換金手数料なし>インデックスファンド・シリーズ7商品の信託報酬率引き下げを発表した。


アセットマネジメントOneが誕生〜気になる「たわらノーロード」への本気度

DIAMアセットマネジメント、みずほ投信、新光投信の3社が統合されアセットマネジメントOneが誕生した。


格安インデックスファンドの相次ぐ登場に伴い妻の新規積立商品を変更

格安インデックスファンドの相次ぐ登場に伴い妻の新規積立商品を変更した。


国内株資産クラスの新規投資を三井住友・DC日本株式インデックスファンドSで開始

三井住友・DC日本株式インデックスファンドSの一般開放に伴い、日本株アセットクラスにおける新規投資を同ファンドで開始した。

続きを読む >>

| 1/11PAGES | >>

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    ゆうき (09/19)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    パイン (09/17)
  • 金融庁へ「個人投資家からの税制改正要望」(NISA制度等)について意見を提出
    オーナーTH (08/09)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (06/08)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (06/08)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ゆうき (06/04)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ハイマージェ (06/04)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (05/11)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (05/11)
  • 2016年9月30日現在の妻のアセットアロケーション(資産配分)と投資商品
    ハイマージェ (04/25)