新着記事/関連記事

高額紙幣の使用停止・強制預金・新紙幣切り替えを導入したインドで大混乱

インド政府が高額紙幣の使用停止を発表してから2週間経過したが、未だに混乱が続いているとのこと(産経新聞)。


マイナス金利導入を受けてMRFの運用柔軟化を容認へ〜MRF組入れ資産を比較

金融庁がMRF(マネー・リザーブ・ファンド)の運用柔軟化を容認するとのこと(ロイター)。

日銀が当座預金の一部にマイナス金利を導入〜ついに打つ手がなくなったのか?

日本銀行が当座預金の一部にマイナス金利を導入した。

MRFの組入れ資産を調べてみた〜短期国債利回りのマイナス化で苦戦する運用

短期金利の急低下に伴い、各社のマネー・リザーブ・ファンド(MRF)の金利が低下している。

銀行の国債保有に関する2020年新国際金融規制は日本国債のリスク要因では?

2020年ごろをメドに導入する新たな国際金融規制で、自国政府が発行する国債を保有する銀行に自己資本を積むよう求める案が浮上している(日本経済新聞)。

週刊ダイヤモンド特集「日本国債のタブー」はオススメ



週刊ダイヤモンド2013年10月19日号
に「日本国債のタブー〜誰にも言えない新たなリスク」という興味深い特集が組まれている。

休眠口座の預金は誰のものか?〜破綻している銀行の論理

政府の成長ファイナンス推進会議で休眠口座の預金の一部を東日本大震災の復興費用として活用する方策の検討に入ったとのこと(時事通信)。

なぜ米国債の格下げで円高の見通しを出すのか?

スタンダード&プアーズ(S&P)が米国の長期信用格付けを最上級の「AAA」から「AAプラス」に1段階引き下げた(WSJ)。

GPIFが2011年度に国債売り越しへ

梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーの記事「日本の公的年金が日本国債を売り始めたぞ 」で知ったのだが、世界最大の運用規模を持つ年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、2011年度に国内債券の売り手になるとのこと(ブルームバーグ)。

新興国債券ポートフォリオの投資をオススメしない理由

読者の方から世界銀行債ファンド(ワールドサポーター)への投資についてどう思うか、という質問を頂いた。
続きを読む >>

| 1/9PAGES | >>

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • インデックス投資ナイト2018の第三部座談会に登壇した
    キセン (07/11)
  • 映画「ラストサムライ」にみるグローバリゼーション
    pandora jewelry (04/27)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ハイマージェ (04/23)
  • 日本の現金決済比率は65%で先進国平均の2倍以上〜20万台のATM維持コストは年間2兆円
    パオ (03/20)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ゆうき (02/25)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ハイマージェ (02/25)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (12/03)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (12/03)
  • 軽自動車の規格見直しが求められている理由〜世界のミニマムクラスとのギャップ
    ヤマト (11/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (10/19)