新着記事/関連記事

経済・財政のしくみを知るためのオススメ本5冊

本ブログでは、世界と日本の経済・財政のしくみを扱った本のレビューを数多く取り上げてきたが、その中からオススメの5冊をセレクトしてみたい。
リチャード・クー著「陰と陽の経済学〜我々はどのような不況と戦ってきたのか」

過去15年間に日本が経験した不況はバランスシート不況であり、もし、財政出動がなければ、日本のGDPは半分から3分の2程度になっていたと指摘している本。財政政策の役割について知るためにオススメの一冊。

細野真宏著「未納が増えると年金が破綻するって誰が言った?〜世界一わかりやすい経済の本」

本書はサブプライムローン問題と年金問題の入門書で、著者は、年金税方式化は現実的ではないと指摘している。本書は年金問題を理解したい人にオススメの本だ。

竹森俊平著「1997年ー世界を変えた金融危機」

確率分布で描ける不確実性「リスク」と描けないものを「ナイトの不確実性」について解説した本。本書には、現在のサブプライム問題を理解する上で重要な指摘が数多く含まれている。

高橋洋一著「さらば財務省!〜官僚すべてを敵にした男の告白」

著者は、過激な発言で物議を醸す人物だが、本書は国債の安定発行を巡る財務省の苦悩がよくわかる本として興味深い。

ジョージ・ソロス著「ソロスは警告する〜超バブル崩壊=悪夢のシナリオ」

人間は完全ではなく、危機の起こらない完全な制度を作ることは難しいというソロスの哲学をベースに経済危機を分析した本。経済の動きに一喜一憂してしまう方にオススメの一冊だ。

関連記事:
・世界の現状と未来を知るためのオススメ本5冊

コメント
 クーが筆頭だが、リフレ派官僚 高橋洋一の本も
入れるところに絶妙のバランス感覚を感じます。

おっしゃる通り、高橋洋一氏は、
一見、財務省批判のふりをして、
実は、一番の財務省思いの人であり、
官僚批判のガス抜き役を買って出ているのでしょう。

財務省の特別遊撃隊みたいな、ガンダムのホワイトベースみたいな・・・
  • 青三
  • 2009/03/20 1:21 AM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (05/11)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (05/11)
  • 2016年9月30日現在の妻のアセットアロケーション(資産配分)と投資商品
    ハイマージェ (04/25)
  • 非常用復水器(イソコン)の使用方法を知らなかった東京電力
    アルバートロンくん (04/13)
  • ジュニアNISAの利用者数が低迷〜ジュニアNISA制度の必要性を問う
    Bobおじさん (03/09)
  • スーモの賃貸・購入比較の試算はアンフェアではないか?
    Willy (01/26)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    マサル (01/13)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    ゆうき (01/11)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    マサル (01/11)
  • 金融庁が導入検討中の「積立NISA」が年間投資上限40万円・非課税期間20年で決着
    ハイマージェ (12/10)