為替ヘッジ付きの外債ファンドは価格変動リスクに脆弱では?

為替ヘッジ付きの外債ファンドが注目されている(ロイター)。日本と欧米の金利差がなくなっており、為替ヘッジ手数料が安くなっていることが原因らしい。

しかし、為替リスクだけをヘッジすることは果たして有効なのだろうか。債券は、長期金利が上昇すれば価格は下がり、長期金利が下がれば価格は上昇する。一方、理論上、金利が上昇すれば為替レートにおいて通貨価値も上昇し、金利が下がれば通貨価値も下がる。為替リスクと価格変動リスクはお互いに打ち消しやすい関係にあるわけだ。したがって、為替リスクだけをヘッジしても、逆に価格変動リスクに対して脆弱になる。

ましてや、一方の金利が動けば、為替ヘッジ手数料も再び上昇することになる。金融商品としては、かなり問題ありだと思うのだがいかがだろうか。

関連記事:
・通貨選択型ファンドの純資産残高が4兆円を突破


コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • 投信ブロガーが選ぶFOY2018でeMAXIS Slim先進国株式に全力投球
    ハイマージェ (11/17)
  • ダイヤモンド誌がバルチックカレー中国FC投資を批判
    結局 (11/13)
  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    ゆうき (09/30)
  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    たわら男爵 (09/30)
  • キングスレーキャピタルは投資詐欺か?被害者は?(2)
    鼠小僧 (09/26)
  • インデックス投資ナイト2018の第三部座談会に登壇した
    キセン (07/11)
  • 映画「ラストサムライ」にみるグローバリゼーション
    pandora jewelry (04/27)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ハイマージェ (04/23)
  • 日本の現金決済比率は65%で先進国平均の2倍以上〜20万台のATM維持コストは年間2兆円
    パオ (03/20)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ゆうき (02/25)