新着記事/関連記事

地球温暖化の原因は二酸化炭素なのか?



広瀬隆著「二酸化炭素温暖化説の崩壊」を読んだ。私は、これまで地球温暖化を否定するのは「タダの目立ちたがり屋」だと思っていた。実際にこれまで読んだ地球温暖化否定論の本は、まともな論理展開でなかった。

しかし、昨年、IPCCによるデータ改ざん事件が明らかになってから、IPCCの予測にはいろいろと矛盾が多いなと感じるようになった。本書は、そんな矛盾を丁寧に解説しており、記載事項の正誤はまだ判断できないが、それなりに論理立てて説明されている地球温暖化批判本である。

同時に、IPCCが何を言っているのか、もう少し自分でも調べてみようと思わせてくれる一冊だ。

関連記事:
・環境問題のウソは有害


コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント