野村が震災復興支援ファンドを販売

野村證券が東日本大震災の被災地の復興支援を目的とした投資信託「震災復興支援ファンド」(仮称)を4月下旬から販売するとのこと(日経新聞)。
記事によると、主に被災地の自治体や企業が発行する債券に投資して、資金調達を支援するとのこと。販売手数料はゼロ、信託報酬は0.4%で、うち半分を被災地に寄付するとのこと。

ただ、この震災復興支援ファンドがなくても、投資先の自治体や社債を発行できるような大企業は資金調達がほぼ可能なだけに、追加性のインパクトは低いだろう。

コーズ・マーケティング(寄付付き商品の販売)としてはうまいと思うが。

関連記事:
・寄付の経済合理性

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    ゆうき (09/30)
  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    たわら男爵 (09/30)
  • キングスレーキャピタルは投資詐欺か?被害者は?(2)
    鼠小僧 (09/26)
  • インデックス投資ナイト2018の第三部座談会に登壇した
    キセン (07/11)
  • 映画「ラストサムライ」にみるグローバリゼーション
    pandora jewelry (04/27)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ハイマージェ (04/23)
  • 日本の現金決済比率は65%で先進国平均の2倍以上〜20万台のATM維持コストは年間2兆円
    パオ (03/20)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ゆうき (02/25)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ハイマージェ (02/25)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (12/03)