ニューヨーク・タイムズが月20本以上の記事閲覧に課金

ニューヨーク・タイムズがウェブ記事閲覧への課金を開始した(AFPBB)。月20本までは無料だが、それを超えると1200円〜2800円の有料購読プランを選ばなければならないという。ただし、ブログやFacebook、ツイッターなどに貼られたリンクから開く場合は、上限なく閲覧できるという。
ニュースサイトの課金は、新聞社に購読料収入をもたらすものの、サイトの閲覧数が減り広告収入が減少するため、「諸刃の刃」だと言われている。また、記事に余程の独自性がない限り他のニュースサイトに流れる状況は避けられず、これまではビジネスや金融情報に特化したウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が、大手新聞社では唯一の成功例だと言われてきた。

一方のニューヨーク・タイムズは課金化と無料化を彷徨い続けており、再度、課金化に踏み切ることになった。ただし、ソーシャルメディアの特性をよく理解しているようで、他サイトからのリンクから閲覧することに制限を課していない。その辺りは、さすがニューヨーク・タイムズとも言える。ただ、これも「諸刃の刃」で、リンクを辿ることで20本以上の記事を容易に見れてしまうことになる。いずれにしても前途多難だ。

関連記事:
・途上国で急増する「収益を生まない」ウェブ人口

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • 株価大幅下落を受け通算9回の買い注文〜短期資金の配分割合を48%から40%へ
    ハイマージェ (06/26)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ゆうき (01/09)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (01/09)
  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)