新着記事/関連記事

マイカー購入とレンタカー利用の経済性比較

スーモ記事『車の「購入」と「レンタル」、どっちがトク?』によると、月4回までの利用であればマイカー購入よりもレンタカー利用の方が得になるとのこと。
ただ、この記事の試算は車両価格が約200万円のプリウス、年率3%のローンで購入、駐車場代が月2万円の場合を想定している。レンタカーの場合は、1回24時間利用で試算している。

したがって、車両価格が100万円程度の場合、軽自動車の場合(自動車税や車検代が割安の場合)、駐車場代が割安・無料の場合、ローンを組まない場合、レンタカー1回の利用が24時間以上の場合などを想定すれば、月2〜3回程度が損益分岐点になる場合もあるだろう。

逆にレンタカー利用が短時間の場合、格安レンタカーを利用した場合などは月5回でも、マイカー購入よりもレンタカー利用の方がお得になる場合が出てくるだろう。

2014/1/6追記:マイカーの所有コストの計算は、自動車ランニングコストがオススメ。

関連記事:
・顧客を逃すレンタカー予約システム〜レコメンド機能が必要では?

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドへの投資を見送る理由
    ハイマージェ (12/03)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドへの投資を見送る理由
    ハイマージェ (12/03)
  • 軽自動車の規格見直しが求められている理由〜世界のミニマムクラスとのギャップ
    ヤマト (11/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (10/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ゆうき (09/30)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (09/30)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    ゆうき (09/27)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    AKI (09/27)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    ゆうき (09/19)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    パイン (09/17)