新着記事/関連記事

海外送金×マイクロファイナンス×携帯電話の革命的ビジネス



枋迫篤昌著「世界40億人を優良顧客にする!〜ほんとうの金融を求めて創った仕組み」を読んだ。
本書は、移民向けの海外送金サービスと途上国でのマイクロファイナンスを組み合わせた金融サービスを提供するマイクロファイナンス・インターナショナル・コーポレーション(MFIC)を創設した社会起業ストーリーの本。

米国では、銀行が低所得者や移民向けにサービスを行っていないため、銀行口座を持てなかったり(アンバンクド)、利用することができない(アンダーバンクド)人が6000万人以上いるとのこと。そのため、中南米からの出稼ぎ移民は高額な海外送金手数料を支払って海外送金サービス業者で母国へ送金していた。

そこで、すべての人に金融サービスを提供するというミッションを掲げて、元東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)の枋迫篤昌氏は銀行を早期退職し、MFICを創業した。格安の海外送金システムを開発し、その送金履歴を信用情報の一つとして活用し、本国の家族向けのマイクロファイナンスも提供するという革命的な事業を生み出した。

昨年には、NTTドコモに海外送金システムを提供し、NTTドコモは1000円の手数料でフィリピン、ブラジル、韓国、中国の金融機関に海外送金できるサービス「ドコモ・マネー・トランスファー」をスタートさせた。

このビジネスが面白いのは、「海外送金×マイクロファイナンス×携帯電話」という組み合わせが実に画期的なことだろう。今後の展開が楽しみだ。

関連記事:
・MFICの海外送金システム「ARIAS」がついに日本上陸

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (05/11)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (05/11)
  • 2016年9月30日現在の妻のアセットアロケーション(資産配分)と投資商品
    ハイマージェ (04/25)
  • 非常用復水器(イソコン)の使用方法を知らなかった東京電力
    アルバートロンくん (04/13)
  • ジュニアNISAの利用者数が低迷〜ジュニアNISA制度の必要性を問う
    Bobおじさん (03/09)
  • スーモの賃貸・購入比較の試算はアンフェアではないか?
    Willy (01/26)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    マサル (01/13)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    ゆうき (01/11)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    マサル (01/11)
  • 金融庁が導入検討中の「積立NISA」が年間投資上限40万円・非課税期間20年で決着
    ハイマージェ (12/10)