女性の労働参加率を高めるために必要なこと

シンクタンクの21世紀政策研究所が「グローバルJAPAN −2050年 シミュレーションと総合戦略−」と題する興味深いレポート(PDF)を発表した。
レポートによると、生産性が他の先進国並みを維持する「基本シナリオ」では2030年代からマイナス成長に転じ、2050年には現在世界3位のGDPが4位に転落し、1人あたりのGDPも世界18位となると予測。成長率が最も下振れする「悲観シナリオ」では、マイナス成長は2010年代に始まり、GDP規模は世界9位。経済大国から脱落し「極東の一小国」に逆戻りする可能性があるとしている。レポートでは、14のテーマで提言を行っている。

興味深いのは、このレポートの最初の提言が「女性労働参加率高めるため、同一キャリアでもライフサイクルに応じて労働時間が自由に選べるようにせよ」という提案を行っていること。具体的には「オランダのように雇用者の希望で短時間とフルタイムをライフサイクルなどの事情に合わせて柔軟に選択できる仕組み(短時間正社員)を導入する必要がある。

また、保育所、保育ママなどの子育て支援サービスの徹底した充実、女性のみならず男性が育児・介護休業を取りやすい環境(休業時の所得補償拡大等)を整備すべきであり、将来的には北欧の環境に近づけていく努力が必要である。そのためには政府や自治体が主体的に制度変更に取り組むべきである。」と書いてある。

ただ、このレポートをまとめた企業トップ約20人(全員男性)が、制度だけ整えればよいと考えているとしたら間違いだろう。実際に職場での男女格差が解消されていなければ、男性が育児休業や短時間正社員を選択する経済的インセンティブは生じないからだ。

関連記事:
・若者の雇用拡大を民主党に期待できない理由

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • 株価大幅下落を受け通算9回の買い注文〜短期資金の配分割合を48%から40%へ
    ハイマージェ (06/26)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ゆうき (01/09)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (01/09)
  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)