新着記事/関連記事

首都高速・都心環状線は撤去すべき

国土交通省の首都高速の再生に関する有識者会議で、首都高速都心環状線(江戸橋JCT・浜崎橋JCT・三宅坂JCT・一ツ橋JCTを結ぶ最も内側の環状線)の撤去案が有力になっているとのこと(時事通信)。
記事によると、人口の高齢化によって自動車の交通量が減る見通しであるほか、首都高中央環状線や東京外郭環状道路が完成すれば都心を迂回できることを考慮し、長期的には都心環状線の撤去の可能性を視野に入れるべきだとしているとのこと。

第5回首都高速の再生に関する有識者会議の資料「首都高速の再生の将来像について」によれば、首都高速都心環状線について、単純撤去案、撤去・再構築案、単純更新案の3つの案が検討されるが、外側の環状道路(中央環状と東京外郭環状道路)が整備されれば、都心環状線を再構築をしなくても交通処理が出来る可能性があると指摘している。

東京の最も内側の高速環状線である都心環状線は15キロと他の国の首都に比べて極めて小さい。そのため、都心に入る必要のない車までもが大量に押し寄せ、都市交通マネジメント上も大気汚染や景観など環境面でも極めて問題があった。都心環状線は川や運河の埋め立てや既存の緑地の隅を削って建設されており、建設期間の短縮と用地買収費用の削減が優先されたようだ。実際に中央環状線は、急カーブ、高低差、分岐が多く非常に運転しにくい。

第二の環状線である中央環状線の完成(2013年度中を予定)は都心環状線の開通から約50年も経ってしまった。遅すぎると言うべきなのか。いや、都心環状線の撤去に間に合って良かったと言うべきなのだろうか。

関連記事:
・高速道路料金の週末1000円化は妥当性が低い

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 東京の直下型巨大地震リスクと日本の財政破綻リスク
    スピカ (04/24)
  • JPX日経インデックス400は政治的なメッセージが強すぎないか?
    矢向 (04/18)
  • マウントゴックスが民事再生を断念し精算へ〜再生申請は時間稼ぎだったのか?
    キセン (04/17)
  • 資本主義は終焉するのか〜空間革命と価格革命
    キセン (04/15)
  • 日本政策投資銀行に依存する北海道・九州電力〜関西電力・日本原電も前途多難
    キセン (04/10)
  • 私が借りている賃貸物件における原状回復費用に関する特約
    キセン (03/28)
  • 私が借りている賃貸物件における原状回復費用に関する特約
    キセン (03/28)
  • 私が借りている賃貸物件における原状回復費用に関する特約
    キセン (03/27)
  • 私が借りている賃貸物件における原状回復費用に関する特約
    オーナーTH (03/27)
  • 私が借りている賃貸物件における原状回復費用に関する特約
    キセン (03/27)