新着記事/関連記事

早期リタイヤ・セミリタイアのための必要資金・貯蓄額

早期リタイヤ・セミリタイアのための必要資金・貯蓄額を算出してみた。
早期リタイヤ・セミリタイアのための必要資金・貯蓄額を左右するのは年間生活額と資産運用利率である。そこで、年間生活額を240万円・300万円・360万円の3パターンで各リタイア時期の必要資金額を算出した。

金額の低い方は資産運用利率が5%の場合、高い方はを3%の場合。なお、公的年金が65歳より年間160万円(2人分)が支給され、90歳まで資産がマイナスにならない額を算出した。

年間生活額240万円:各年齢で早期リタイアした場合の必要資金額:
  • 30歳:4400万円〜5800万円
  • 40歳:4000万円〜5000万円
  • 50歳:3400万円〜3900万円
  • 60歳:2300万円〜2400万円

年間生活額300万円:各年齢で早期リタイアした場合の必要資金額:
  • 30歳:5600万円〜7500万円
  • 40歳:5500万円〜7300万円
  • 50歳:4500万円〜5300万円
  • 60歳:3300万円〜3600万円

年間生活額360万円:各年齢で早期リタイアした場合の必要資金額:
  • 30歳:6700万円〜9200万円
  • 40歳:6200万円〜8200万円
  • 50歳:5300万円〜6700万円
  • 60歳:3900万円〜4700万円

早期リタイヤ・セミリタイアのための必要資金額は意外に少ないと思われた方も多いだろう。ただし、上記の金額はあくまで資産運用が一定率で複利効果を生んだ場合なので、実際にリスクを考慮すれば上記金額+αが必要だろう。

関連記事:
・早期リタイアより早期リタイア可能状態が理想

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (10/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ゆうき (09/30)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (09/30)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    ゆうき (09/27)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    AKI (09/27)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    ゆうき (09/19)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    パイン (09/17)
  • 金融庁へ「個人投資家からの税制改正要望」(NISA制度等)について意見を提出
    オーナーTH (08/09)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (06/08)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (06/08)