大気汚染に潜む中国石油天然ガス集団と中国石油の抵抗

深刻化している中国の大気汚染の背景には、中国の石油企業と環境行政の対立があるとのこと(ロイター)。
記事によると、深刻化している中国都市部における大気汚染の背景には、巨大国営企業の中国石油天然ガス集団(CNPC)と中国石油(シノペック)が、大気汚染の主因とされる自動車用ディーゼル燃料の環境基準強化に抵抗しており、権限のさほど強くない環境保護省の下で改善が進んでいないとのこと。

日本の原発行政においても監督側の行政が監督先企業の手玉に乗せられる状態だったが、まさに中国の環境行政も同じような状況に陥っているようだ。適切な環境ガバナンスを取り戻すことが必要だ。

関連記事:
・中国で環境汚染によるがん死亡が急増

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • 投信ブロガーが選ぶFOY2018でeMAXIS Slim先進国株式に全力投球
    ハイマージェ (11/17)
  • ダイヤモンド誌がバルチックカレー中国FC投資を批判
    結局 (11/13)
  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    ゆうき (09/30)
  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    たわら男爵 (09/30)
  • キングスレーキャピタルは投資詐欺か?被害者は?(2)
    鼠小僧 (09/26)
  • インデックス投資ナイト2018の第三部座談会に登壇した
    キセン (07/11)
  • 映画「ラストサムライ」にみるグローバリゼーション
    pandora jewelry (04/27)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ハイマージェ (04/23)
  • 日本の現金決済比率は65%で先進国平均の2倍以上〜20万台のATM維持コストは年間2兆円
    パオ (03/20)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ゆうき (02/25)