新着記事/関連記事

日米首脳会談でシェールガス対日輸出許可を狙うための日露会談?

安倍首相が日米首脳会談でシェールガスの対日輸出を許可するよう、オバマ大統領に要請する意向とのこと(産経新聞)。
記事によると、シェールガスの対日輸出が許可された場合、日本政府は、国際協力銀行(JBIC)などの支援を使って、シェールガス採取地付近の液化天然ガス(LNG)プラント建設、LNGプラントから港湾までのパイプライン建設、LNG輸送船舶のための港湾設備建設などを予定しているとのこと。

日本政策投資銀行の試算によると、シェールガスの対日輸出が実現した場合、日本のLNG平均調達価格は2020年時点で、現状より約15%低減するとのこと(産経新聞)。経済的なメリットは大きい。

一方、森元首相とロシアのプーチン大統領との会談では、極東ウラジオストクでのLNG基地の共同建設、東シベリアや極東での石油ガス開発、電力の対日輸出などが議題に出たとのこと。ロシアは米国でシェールガスの生産が本格化した影響で、天然ガスの欧州向け輸出が増えなかったことから、原子力発電所の稼働停止でエネルギー需給が逼迫する日本を有力な市場とみているとのこと(日本経済新聞)。

森・プーチン会談の前日には、ロシア最大の石油企業ロスネフチがサハリン石油ガス開発の幹部と会談。サハリン1の天然ガスをLNGとして輸出するための協力を中心に協議。サハリン1からのガス供給が大きく前進する見通しとなったとのこと(読売新聞)。

日米首脳会談の前に日露の有力者会談を設定した理由がようやくわかった。ロシアとのエネルギー協力をちらつかせて、アメリカのシェールガス対日輸出許可を勝ち取ろうということなのだろう。日本の外交戦略としては、よく練られていると思った。

2/23追記:オバマ大統領はシェールガスの輸出許可を前向きに検討するとのこと(日本経済新聞)。

関連記事:
・GEのCEOが原発のコスト高を指摘〜日立の原発事業への影響は?

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (05/11)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (05/11)
  • 2016年9月30日現在の妻のアセットアロケーション(資産配分)と投資商品
    ハイマージェ (04/25)
  • 非常用復水器(イソコン)の使用方法を知らなかった東京電力
    アルバートロンくん (04/13)
  • ジュニアNISAの利用者数が低迷〜ジュニアNISA制度の必要性を問う
    Bobおじさん (03/09)
  • スーモの賃貸・購入比較の試算はアンフェアではないか?
    Willy (01/26)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    マサル (01/13)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    ゆうき (01/11)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    マサル (01/11)
  • 金融庁が導入検討中の「積立NISA」が年間投資上限40万円・非課税期間20年で決着
    ハイマージェ (12/10)