楽天証券が海外ETF・外国株をNISAの対象にすることを発表

FPの竹川美奈子氏によると、楽天証券が決算説明会で日本版ISA(NISA)の口座で海外ETF・外国株を対象にすることを発表したとのこと。

本ブログ記事執筆時点で楽天証券のウェブサイトでの正式発表は行われていない(5/14追記:左記の楽天証券ウェブサイト上でも正式発表がありました)。

ただ、楽天証券の国内株式・ETFの取引手数料がワンショットコースで639円/1回であるのに対して、米国株式・ETFの取引手数料は最低でも26.25USドル(楽天証券の手数料ページ参照)。

NISAの投資限度額は年間100万円であるため、海外ETFの場合は、投資額に対して割高の手数料が発生する。

関連記事:
・日本版ISAの投資戦略(部分売却→移管に訂正)


コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • 投信ブロガーが選ぶFOY2018でeMAXIS Slim先進国株式に全力投球
    ハイマージェ (11/17)
  • ダイヤモンド誌がバルチックカレー中国FC投資を批判
    結局 (11/13)
  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    ゆうき (09/30)
  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    たわら男爵 (09/30)
  • キングスレーキャピタルは投資詐欺か?被害者は?(2)
    鼠小僧 (09/26)
  • インデックス投資ナイト2018の第三部座談会に登壇した
    キセン (07/11)
  • 映画「ラストサムライ」にみるグローバリゼーション
    pandora jewelry (04/27)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ハイマージェ (04/23)
  • 日本の現金決済比率は65%で先進国平均の2倍以上〜20万台のATM維持コストは年間2兆円
    パオ (03/20)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ゆうき (02/25)