比較できない賃貸住宅総合保険〜商品によって千差万別な保障額

賃貸住宅の契約更新にあたって、賃貸住宅総合保険について調べてみた。
賃貸住宅総合保険は、家財保険・借家人賠償・借用住宅修理費用・個人賠償などがセットになった保険で、通常、不動産賃貸契約をする際に賃借人が加入を求められる。地震保険がセットになったものもある。

しかし、保険の比較サイトではほとんど商品が掲載されておらず、まともな比較ができない状態だ。また、個別の損害保険会社のウェブサイトを見ても、詳細は掲載されていないことが多い。多くの人が不動産会社の指定で契約しており、自由な競争が働いていないことが分かる。

以下、損害保険会社のウェブサイト上の限られた情報を見てみたが、会社によって基本推奨プランが千差万別であることが分かる。

例えば、三井住友海上の賃貸住宅居住者総合保険「リビングFIT」の基本パターンは、借家人賠償1500万円、修理費用300万円、個人賠償1億円といった支払上限設定で、家財保険の上限額によって、掛け金が大きく異なる設計になっている。

一方で、日本興亜損保の家財の保険「ハッピータウンII」では、耐火住宅の場合、借家賠償3000万円、修理費用100万円と一定だが、個人賠償は3000万円〜1億円、家財保険も100万円台〜1000万円台と選択肢の幅が広い。

ジェイアイ損害火災保険の「くらし安心総合保険」は、借家人賠償と個人賠償が2000万円、修理費用100万円で一律だが、家財保険が100万円台〜800万円代で選べるようになっている。

保険料は、2年間で1万円程度〜3万円程度が中心となっており、一般的に個人賠償と家財保険の上限を最低限にすれば安くなり、これらを高くすれば保険料も高くなるようだ。

家財の保険上限は、家においてある家財の大まかな価値を計算すればよいので分かりやすいが、それ以外の保障上限は千差万別で適正基準が見定めにくい。高額賃貸物件であれば保障を手厚くする必要が生じるし、大家にとっては上限が多い方がいざというときに安心だと思うが、もう少しフェアに選択できるようにするべきだろう。

関連記事:
・地震保険制度改訂では損保会社が優遇され過ぎでは?

コメント
都民共済や全労済など共済は内容がわかりやすいですね。
全労済は地震特約もあって便利です。
  • ハイマージェ
  • 2013/09/17 7:01 AM
共済は、家財保障+借家人賠償のみなので、借用住宅修理費用・個人賠償をカバーすることを要件とされている場合は、使用できないと思います。
  • ゆうき
  • 2013/09/17 7:21 PM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ゆうき (01/09)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (01/09)
  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)
  • 築年数と賃料・家賃の関係性〜家賃下落率は築10年で1割・築20年で2割
    たろう (06/06)