新着記事/関連記事

山崎元「超簡単お金の運用術」が全面改訂〜推奨ポートフォリオは国内・先進国株に半々



すでに何人ものインデックス投資ブロガーが紹介している山崎元著「全面改訂・超簡単お金の運用術」を読んだ。
本書は、「超簡単お金の運用術」の全面改訂で、一般投資家向けにシンプルで低コストな長期分散投資を紹介する本。全面改訂にあたってNISAの活用術なども追加されている。

山崎元氏は2008年の著書「超簡単 お金の運用術」の中で、日本株4割、外国株6割というポートフォリオを推奨していた。2010年にはインデックス投資ブロガーの水瀬ケンイチ氏との共著「ほったらかし投資術」で、新興国株式も含めた新しいデータを活用。国内株5割、先進国株4割、新興国株1割という推奨ポートフォリオを導き出した。

その後、2011年には、国内株50%、先進国株25%、新興国株25%という比率を推奨(山崎元氏の新推奨アセットアロケーションは新興国株25%参照)。2013年の本書では、基本推奨アロケーションを国内株50%、先進国株50%としているものの、新興国株を最大25%もあり、というスタンス(2015年2月8日追記:現在は国内株40%・先進国株60%を推奨)。

ただ、先進国株ポートフォリオでの推奨商品は、信託報酬が0.525%のSMTグローバル株式インデックス・オープンで、代替商品として、国内上場のiシェアーズ先進国株ETF(MSCIコクサイ・コード番号1581)を推奨しているものの、日興アセット「上場MSCIコクサイ株」MAXIS海外株式上場投信を推奨していないのは不可解だった。

また、NISA口座では海外市場に上場しているETFである「バンガード・トータル・ワールドストックETF(VT)」を推奨しているが、分配金に課せられる外国政府の課税を考慮すれば、NISAのメリットが半減するようなこのような商品を推奨するのも不思議だ。

ただ、これらの点以外は、いずれも納得できる主張。初心者向けに書いている割にはマニアックな話題も満載で、結構幅広くおススメできる一冊だ。

関連記事:
・日本版ISA(NISA)で海外ETFに投資するデメリット〜避けられない分配金の源泉課税

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (10/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ゆうき (09/30)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (09/30)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    ゆうき (09/27)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    AKI (09/27)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    ゆうき (09/19)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    パイン (09/17)
  • 金融庁へ「個人投資家からの税制改正要望」(NISA制度等)について意見を提出
    オーナーTH (08/09)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (06/08)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (06/08)