「いつかはゆかし」のアブラハムがプレスリリースで業務停止命令の内容を改ざん

財務省関東財務局は、アブラハム・プライベートバンク株式会社に対する行政処分を行った。
関東財務局「アブラハム・プライベートバンク株式会社に対する行政処分」によると、「金融商品取引業の全ての業務を平成25年10月11日から平成26年4月10日まで停止すること(ただし、顧客との投資顧問契約の解約業務を除く。)。」という業務停止命令と7項目の業務改善命令が出されたとのこと。

これに対し、アブラハム・プライベートバンク株式会社は「当社に対する金融庁の行政処分について」というプレスリリースを発表。業務停止命令については「(ただし、顧客との投資顧問契約の解約業務を除く。)」という文を意図的に削除し、「なお、この処分は、既に助言契約を結んでいただいているお客さまの投資資産に一切影響ございません。また、海外金融商品や海外積立投資に関する手続サポート等の「金融商品取引業以外の業務」については、引き続き対応致します。」と追記している。

関東財務局の業務停止命令の対象は「投資顧問契約の解約業務を除く金融商品取引業の全ての業務」なわけだから、「金融商品取引業の全ての業務」とだけ説明するのは事実と異なる。行政処分の内容くらい正確に記載したらどうか。

10/16追記:その後、アブラハム・プライベートバンク株式会社のプレスリリースがさりげなく修正され、「(ただし、顧客との投資顧問契約の解約業務を除く)」という文言が挿入された模様。

関連記事:
・「いつかはゆかし」が新規入会停止〜「海外投資コンサルティング実績第1位」も削除

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ゆうき (01/09)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (01/09)
  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)
  • 築年数と賃料・家賃の関係性〜家賃下落率は築10年で1割・築20年で2割
    たろう (06/06)