新着記事/関連記事

経費率0.05%のバンガードのVTIが世界最大の投資信託へ

バンガードのトータル・ストック ・マーケット・インデックス・ファンド(VTI)が世界最大の投資信託になった(ブルームバーグ)。
記事によると、これまで世界最大だったPIMCOのトータル・リターン・ファンド(VTI)が資金流出により転落(10月末時点の運用資産額は2479億ドル)。バンガードのトータル・ストック ・マーケット・インデックス・ファンド(VTI)が、10月末時点で2510億ドルとなり、運用資産額でトップとなったとのこと。

トータル・ストック ・マーケット・インデックス・ファンド(VTI)は、米国株式市場の投資可能銘柄のほぼ100%をカバーするCRSP・USトータル・マーケット・インデックスのパフォーマンスへの連動を目指すインデックスファンドで、経費率は0.05%。

極めて低コストなインデックスファンドが評価されていることはうれしい限り。

関連記事:
・ バンガードがファンド・ETFのベンチマークをMSCIからFTSEに変更

コメント
<マネックス証券>
http://www.monex.co.jp/AboutUs/00000000/guest/G800/new2013/news1311_19.htm
>2013年12月16日(月)より、米国株が特定口座でお取引できるようになります。


 ついに来ました!!

 楽天証券も2014年から対応する方針との事ですし、SBI証券も今年末までに動いてほしいですね。

 特定口座で課税自動通算できるのであれば、通常の口座はVT一択!!

 ・・・NISA口座だけは国内ETFで行こう。。

 いずれにしても嬉しいニュースです。感謝!!
  • ハイマージェ
  • 2013/11/15 8:17 PM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 軽自動車の規格見直しが求められている理由〜世界のミニマムクラスとのギャップ
    ヤマト (11/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (10/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ゆうき (09/30)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (09/30)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    ゆうき (09/27)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    AKI (09/27)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    ゆうき (09/19)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    パイン (09/17)
  • 金融庁へ「個人投資家からの税制改正要望」(NISA制度等)について意見を提出
    オーナーTH (08/09)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (06/08)