持ち物を最小限にするミニマリストよりも重要な最適所有レベル

「極限まで物を持たないミニマリスト」という興味深いブログを読んだ。ミニマリストとは、極限まで持ち物を最小化する生活スタイルとのこと。
持ち物を所有すると収納コストが発生するため、必要最小限にすることは経済的にも合理的だ。仮に24屬撚板6万円の賃貸に住んでいる場合、押入れが約1.62屬世箸垢襪函⊆納コストは年間約5万円になる(収納は大きい方が良いのか?〜意外に高額な年間収納コスト参照)。

しかし、「モノを所有することによるコスト」よりも「モノを所有しないことによるコスト」が上回る場合もある。冷蔵庫や調理用具を持たなければ外食ベースになり食費が高くなるし、洗濯機やアイロンを持たずコインランドリーやクリーニングを頻繁に利用すれば高コストになるだろう。

つまり、持ち物の量とコストを比較した場合、一定のレベルまでは持ち物を減らすことで所有コストも削減できるが、一定のレベルを超えた場合は、所有しないことによるコストが増えることになる。コストを縦軸、持ち物の量を横軸とするとV字型になり、その先端が持ち物の最適所有レベルになるだろう。

ただ、ライフスタイルやモノの利用頻度によって最適所有レベルは異なる。車の運転が月1回程度であればレンタカーの方が有利な場合が多いが、週に何回も利用する場合は購入した方が有利になる場合が多いだろう(マイカー購入とレンタカー利用の経済性比較参照)。

持ち物の所有は、ライフスタイルに応じた最適所有レベルで考えると良いと思う。

関連記事:
・イケダハヤト氏はレンタル倉庫サービスを紹介している場合か?

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック
ホンネの資産運用セミナー、ゆうきさんの『持ち物を最小限にするミニマリストよりも重要な最適所有レベル (11/16)』 で知った、ミニマリスト。 「極限まで物を持たないミニマリスト ...
  • 目指せ楽隠居! インデックス投資半年交代派健忘録
  • 2013/11/17 11:45 PM

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ゆうき (01/09)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (01/09)
  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)
  • 築年数と賃料・家賃の関係性〜家賃下落率は築10年で1割・築20年で2割
    たろう (06/06)