新着記事/関連記事

レンタカーでハイブリットカー利用が割安になる走行距離は?

レンタカーの車種選択において、ハイブリットカーの利用が割安な走行距離はどれくらいなのかを調べてみた。
まず、ハイブリッドカーと同クラス一般車の24時間のレンタカー料金を比較すると、差額は3000円程度。一方、ハイブリッドカーの実燃費が約20キロ/リットルなのに対して、同クラス一般車の実燃費は約15キロ/リットル(e燃費参照)。ガソリン代を150円/リットルと想定すると、800キロの走行が損益分岐になる。

800キロは、東京と仙台を往復する距離に相当する。もともとカタログ燃費の計算で500キロくらいの利用で元が取れると想定していたが、実燃費で計算してみると、レンタカーでのハイブリットカー利用は、まだまだ割高ということがわかった。

関連記事:
・レンタカーでの旅行における最適化戦略

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドへの投資を見送る理由
    ハイマージェ (12/03)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドへの投資を見送る理由
    ハイマージェ (12/03)
  • 軽自動車の規格見直しが求められている理由〜世界のミニマムクラスとのギャップ
    ヤマト (11/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (10/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ゆうき (09/30)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (09/30)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    ゆうき (09/27)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    AKI (09/27)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    ゆうき (09/19)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    パイン (09/17)