新着記事/関連記事

モーニングスターETFカンファレンス2013に参加〜今後のETF活用戦略を検討

モーニングスターETFカンファレンス2013〜長期投資元年、ETFではじめるNISAに参加した。
モーニングスターETFカンファレンス2013では、モーニングスター社長の朝倉智也氏からポートフォリオの作成方法に関する講演の後、バンガードとブラックロックの担当者よりETF商品紹介があり、最後にSBI証券・楽天証券・マネックス証券の担当者によるパネルディスカッションが行われた。

特に、12月16日より海外ETFの特定口座対応がマネックス証券で開始されることから、世界47か国の株式に1本で投資できるバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(銘柄コード:VT)(経費率0.19%)の投資がより便利になったことは改めて実感できた。今後、投資対象として検討したい。

また、7月17日に国内上場を果たしたiシェアーズ・エマージング株ETF(MSCIエマージングIMI)(銘柄コード:1582)は経費率が0.18%で、新興国株に投資できる国内上場ETFとしては最安。こちらも投資対象として検討したいと思った。

ETFの最新動向を把握でき、今後のETF活用戦略について考える上で非常に良いイベントだった。

12/12追記:カンファレンスの詳細はモーニングスター記事「世界の投資家に浸透するFTFによる分散投資」及び「NISAメリットを最大限に生かすETF活用」に掲載されており、朝倉社長の基調講演動画はこちらから閲覧できる。

関連記事:
・海外上場ETFが有利か?国内上場ETFが有利か?

コメント
私も2013年末以降新規購入ETFはiシェアーズエマージング株ETF(1582)を購入しています。

しかし、分配金が出てから気付いたのですが、iシェアーズのETF(JDR)って「米国課税後の金額」が分配金になるんですね(汗)。

http://jp.ishares.com/content/stream.jsp?url=/content/jp/ja/repository/material/prospecting_material-jp/xus/iemg_jpm.pdf&mimeType=application/pdf
>分配金単価(円)は、信託財産となる海外ETFについて支払われた分配
>金総額から現地源泉徴収税額を控除した金額の受益権一口あたりの金額です。
>本資料の作成時点において、米国において30%の現地源泉税率が適用されています。


これだと米国(30%)と日本(20%)の二重課税になる上、海外株と違って外国税額控除の適用を受けられません。

NISA口座では日本(20%)の課税が無いですが、それでも米国(30%)分課税されている方が高いです。

この辺り、どのブロガーさんも言及しないのはなぜでしょう?私が誤解しているのでしょうか?

・・・1681に戻した方が良いのかな。。。。
  • ハイマージェ
  • 2014/08/17 8:58 PM
ご指摘ありがとうございます。確認したところ、ご指摘の通りだと思いました。以下の通り、記事にしました。
http://genuinvest.net/?eid=2255
  • ゆうき
  • 2014/08/17 9:40 PM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • ジュニアNISAの利用者数が低迷〜ジュニアNISA制度の必要性を問う
    Bobおじさん (03/09)
  • スーモの賃貸・購入比較の試算はアンフェアではないか?
    Willy (01/26)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    マサル (01/13)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    ゆうき (01/11)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    マサル (01/11)
  • 金融庁が導入検討中の「積立NISA」が年間投資上限40万円・非課税期間20年で決着
    ハイマージェ (12/10)
  • ドコモのガラケーから楽天モバイルの格安スマホ「Huawei P9 Lite」に機種変更
    ゆうき (10/23)
  • ドコモのガラケーから楽天モバイルの格安スマホ「Huawei P9 Lite」に機種変更
    ハイマージェ (10/22)
  • ドコモのガラケーから楽天モバイルの格安スマホ「Huawei P9 Lite」に機種変更
    ゆうき (10/22)
  • ドコモのガラケーから楽天モバイルの格安スマホ「Huawei P9 Lite」に機種変更
    あきお (10/22)