新着記事/関連記事

2014年のアセットアロケーション目標比率・投資戦略

2014年のアセットアロケーション目標比率・投資戦略を設定した。
各資産クラスの目標レンジは以下の通り(カッコ内は2013年10月現在の比率):

  • 短期資金:5%以下(4.2%)
  • 国内債券:1%以下(0.6%)
  • 国内株式:15〜20%(25.2%)
  • 海外債券:1%以下(0.8%)
  • 外株/先進:45〜50%(43.9%)
  • 外株/新興:25%〜30%(25.4%)

今回の変更点は、国内株式の目標比率を5%下げて、外国株(先進国)に振り分けたこと。理由は、日本の財政破綻懸念・地震リスクがさらに高まったこと。アベノミクス・日銀異次元緩和が成功する見込みも低い。詳しくは、以下の記事を参照:


リバランスは、手数料最小化の観点から主にNISA口座の新規投資資金、確定拠出年金の新規投資資金及びスイッチングで行う予定。確定拠出年金は信託報酬の割安な外国株(先進国)の比率を高め、NISA口座は外国株(新興国)の比率を高める予定。詳しくは、以下の記事を参照:


関連記事:
・2013年10月現在のアセットアロケーション

コメント
いつも楽しく拝見しています。

誰もがアベノミクス後半戦に備え比率を維持するなか財政破綻懸念に備えポジを縮小するとは、人の道の裏を行く意表をついた作戦ですね。

アベノミクスが失敗に終わった時の被害は軽微に済みそうなのでとても参考になりました、
  • 職人
  • 2013/12/28 2:09 PM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    ゆうき (09/19)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    パイン (09/17)
  • 金融庁へ「個人投資家からの税制改正要望」(NISA制度等)について意見を提出
    オーナーTH (08/09)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (06/08)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (06/08)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ゆうき (06/04)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ハイマージェ (06/04)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (05/11)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (05/11)
  • 2016年9月30日現在の妻のアセットアロケーション(資産配分)と投資商品
    ハイマージェ (04/25)