2020年は東京の人口ピーク、2025年には世帯数がピークに

ZAKZAKに「業者は恐れ、消費者は喜ぶ「あと6年半」とは?2020年に起こる変化」という興味深い記事が掲載された。
記事では、住宅ジャーナリストの榊淳司が、東京の人口が減り始めるのが2020年からと予測されており、「東京や大阪などの便利な場所で新築マンションを買おうとすると、年収の5倍から8倍くらいの価格だが、あと10年もすると3倍から5倍になっているのではないか。近郊の中古マンションなら、年収の2倍程度で買えるかもしれない」と予測している。

確かに東京の人口ピークは2020年だが、多摩地域の人口ピークは2015年。逆に東京の世帯数のピークは2025年と予測されている(東京都「人口動向から見た2020年の東京」参照)。2018年には史上最大の住宅ローン減税が終了する予定だ。

2015年〜2025年にかけては、東京の住宅需給バランスを激変させる変化が多いようだ。

関連記事:
・2018年までの「過去最大級」住宅ローン減税と2019年の世帯数ピーク

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • 投信ブロガーが選ぶFOY2018でeMAXIS Slim先進国株式に全力投球
    ハイマージェ (11/17)
  • ダイヤモンド誌がバルチックカレー中国FC投資を批判
    結局 (11/13)
  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    ゆうき (09/30)
  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    たわら男爵 (09/30)
  • キングスレーキャピタルは投資詐欺か?被害者は?(2)
    鼠小僧 (09/26)
  • インデックス投資ナイト2018の第三部座談会に登壇した
    キセン (07/11)
  • 映画「ラストサムライ」にみるグローバリゼーション
    pandora jewelry (04/27)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ハイマージェ (04/23)
  • 日本の現金決済比率は65%で先進国平均の2倍以上〜20万台のATM維持コストは年間2兆円
    パオ (03/20)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ゆうき (02/25)