新着記事/関連記事

配偶者控除の縮小は子ども手当拡充とのセットで行うべき

女性の社会進出を抑制しているとして配偶者控除・配偶者特別控除・第三号被保険者の見直しが提案されている(東京新聞)。
配偶者控除は配偶者の所得が年間103万円以下であれば、38万円の控除を受けられる制度。配偶者特別控除は配偶者の所得が103万円以上であっても141万円未満まで段階的に受けられる控除。第三号被保険者は、年間130万円未満の場合に配偶者が社会保険料負担を免除されている。

いずれも本人と配偶者が結婚していれば受けられる控除だが、家事労働が劇的に軽減され、子育てを行わない世帯も増えていることから現実とマッチしない制度である。少子化対策を進めるのであれば、結婚していることで控除や免除を受けられるようにするのではなく、実際に子育てをしている人への控除や手当を手厚くするべきだろう。

これらの控除や負担免除を単純に縮小・廃止しただけでは、子育てをしている世帯(かつどちらかの親が配偶者控除を受けている世帯)に増税することになる。同時に子ども手当の拡充等を実施し、子育て世帯の負担を増やさずに行うことが重要だろう。

関連記事:
・子とも手当て導入と扶養控除・配偶者控除の見直しは不公平か?

コメント
「これらの控除や負担免除を単純に縮小・廃止しただけでは子育てをしている世帯に増税することになる」というのは正確な表現ではないですね。
増税になるのは「どちらかの親が配偶者控除を受けている、子育て家庭」に限定した話です。
共働きの子育て家庭には配偶者控除の廃止は影響ないです。
というか、共働き子育て家庭は、本来であればこちらこそが必要であるはずの“子育て支援のための税控除”を受けられていません。
  • 岡本
  • 2014/03/22 6:39 AM
ご指摘の通りです。若干修正しました。
  • ゆうき
  • 2014/03/22 8:33 AM
>女性の社会進出を抑制・・・

詭弁でしょう。実質的に増税策でしょうね。そうならばそうといえばいいのに、財政がヤバいのでと・・・。

そもそも配偶者控除などの恩恵を受けていると感じている専業主婦層は、パートタイマーで家計を遣り繰りしている層かと。そうならば、控除廃止したところで、彼女らはもっと割りのいいバイト先を探すだけのこと、というのが合理的な予想でしょう。

女性進出を促すための政策は、専ら国の生産性を上げるためのはずで、パートタイマーの時給稼ぎを後押しするためではない。配偶者控除を廃止して喜ぶのは、本来生産性の高い女性たちではなく、これまで制限枠を甘受し家計を助けるために働いていたパートタイマーたちでしょうね・・・。

なお、政府のホンネが増税策ならば、それを相殺するような子育て支援策の拡充をセットで実施するはずがないでしょうね・・・。そもそもそこには論理矛盾もありますし、説明責任が果たせません。
  • キセン
  • 2014/03/22 3:25 PM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (06/08)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (06/08)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ゆうき (06/04)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ハイマージェ (06/04)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (05/11)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (05/11)
  • 2016年9月30日現在の妻のアセットアロケーション(資産配分)と投資商品
    ハイマージェ (04/25)
  • 非常用復水器(イソコン)の使用方法を知らなかった東京電力
    アルバートロンくん (04/13)
  • ジュニアNISAの利用者数が低迷〜ジュニアNISA制度の必要性を問う
    Bobおじさん (03/09)
  • スーモの賃貸・購入比較の試算はアンフェアではないか?
    Willy (01/26)