新着記事/関連記事

2014年分のNISA口座のインデックス投資を実行

2014年分のNISA口座の投資を実行した。
2014年分のNISA口座での購入投資商品と比率は以下の通り:


これまで、国内株式はTOPIX連動型上場投資信託(1306)、海外先進国株式は上場インデックスファンド海外先進国株式(1680)、海外新興国株式は上場インデックスファンド海外新興国株式(1681)に投資してきたが、投資商品の分散を図ることにし、それぞれの資産クラスで別の商品を選択。

MAXISトピックス上場投信とiシェアーズエマージング株ETFは、これまでの商品よりも信託報酬が割安になる。iシェアーズ先進国株ETFとiシェアーズエマージング株ETFは売買単位が一株(5000円程度)からなので、NISA口座枠をフル活用するには便利だ。

関連記事:
・三菱UFJ投信主催「第6回ブロガーミーティング・eMAXIS意見交換会」に参加

コメント
SBI証券で「NISA預りにて保有されている分配金再投資の投資信託について、再投資の預り区分をNISA(非課税)扱い」にする設定が出来たそうです。

https://site2.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_fund&cat1=fund&cat2=none&dir=info&file=fund_nisa_reinvest.html


 上記でe-MAXISなどノーロードのファンドを設定すれば、分配金をロスなしで再投資できるわけです。

 ただ、現在NISA口座での株式売買手数料を無料にしているSBI証券において、ETFを購入するよりメリットがあるとは考えにくいです。

 あまりPR効果が無いように思えるのですが、私が何か勘違いしてるのでしょうか。。。
  • ハイマージェ
  • 2014/11/26 7:45 PM
これはNISA口座において投資信託で運用している人にとっては朗報でしょうね。私はこのままETFで行きますが。
  • ゆうき
  • 2014/11/26 11:11 PM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    ゆうき (09/19)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    パイン (09/17)
  • 金融庁へ「個人投資家からの税制改正要望」(NISA制度等)について意見を提出
    オーナーTH (08/09)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (06/08)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (06/08)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ゆうき (06/04)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ハイマージェ (06/04)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (05/11)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (05/11)
  • 2016年9月30日現在の妻のアセットアロケーション(資産配分)と投資商品
    ハイマージェ (04/25)