新着記事/関連記事

ほけんの窓口グループが2億8000万円の所得隠し〜販売奨励金への疑問

ほけんの窓口グループが2億8000万円の所得隠しを指摘されたとのこと(産経新聞)。
記事によると、ほけんの窓口グループの子会社であるライフプラザパートナーズへの販売奨励金が損金算入できない子会社支援にあたるなどと判断された。申告漏れ総額は約9億9000万円で、重加算税を含めた追徴税額は約3億円とのこと。

ほけんの窓口グループは保険会社ではなく、中立的なアドバイスを謳っていた保険の代理店だ。その代理店が子会社の代理店に対して「販売奨励金」を出すことの意味が分からない。

また、同社は前社長が消費税の不正還付を受けたとして東京地検特捜部に消費税法違反罪で在宅起訴され有罪判決を受けた(日本経済新聞)。この元社長は辞任後も筆頭株主だが、ライバルであるみつばち保険ファームに人材を引き抜こうとしているとのこと(ダイヤモンド・オンライン)。

問題の多い会社だ。

関連記事:
・来店型の保険ショップは中立的なアドバイスを行っているか?

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント