新着記事/関連記事

ライフネット生命が商品リニューアル〜「業界最安水準」の保険料を導入

ライフネット生命保険が定期死亡保険「かぞくへの保険」等の商品を大幅リニューアルし、「業界最安水準」の保険料を導入した(ライフネット生命保険プレスリリース)。
ライフネット生命保険によると、5月2日よりリニューアルした保険商品は、定期死亡保険「かぞくへの保険」、終身医療保険「新じぶんへの保険」、終身医療保険「新じぶんへの保険レディース」の3つとのこと。

シンプルな掛け捨てタイプの定期死亡保険「かぞくへの保険」で保険金額1000万円・保険期間10年の場合、30歳男性で1230円、40歳男性で2374円、30歳女性で896円、40歳女性で1547円。保険金額1000万円・保険期間10年でネット生保4社の定期死亡保険(リスク細分型を除く)を比較したところ最安とのこと。

ライフネット生命保険は、ネット生保のパイオニア的存在で、業界初の付加保険料率全面開示など革新的な取り組みを行ってきたが、楽天生命・アクサダイレクト生命・オリックス生命に押され、他のネット生保に比べ保険料が高くなっていた。今回、業界最安の保険料を導入する大英断を下したようだ。

関連記事:
・楽天生命ラブよりも概ね安いアクサの定期保険「カチッと定期2」が発売開始

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 軽自動車の規格見直しが求められている理由〜世界のミニマムクラスとのギャップ
    ヤマト (11/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (10/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ゆうき (09/30)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (09/30)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    ゆうき (09/27)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    AKI (09/27)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    ゆうき (09/19)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    パイン (09/17)
  • 金融庁へ「個人投資家からの税制改正要望」(NISA制度等)について意見を提出
    オーナーTH (08/09)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (06/08)