新着記事/関連記事

住友生命系列のメディケア生命がネット生保に進出〜大手生保で初・業界最安を更新

住友生命の子会社であるメディケア生命がネット生保に進出するとのこと(産経新聞)。
記事によると、メディケア生命がネット専用保険を7月17日より開始。大手生保がネット生保を取り扱うのは初めてとのこと。

メディケア生命の報道発表資料(PDF)によれば、定期保険「メディフィット定期」の月額保険料(保険金額1000万円の場合)は、30歳男性で1214円、40歳男性で2351円、30歳女性で876円、40歳女性で1530円とのこと。

先日、ライフネット生命が定期死亡保険「かぞくへの保険」をリニューアルし、業界最安の保険料を発表したが、メディケア生命は、それよりも更に安い価格で参入することになる。

これまで大手生命保険がネット生保事業に及び腰だったのは、ネット生保を売れば売るほど割高な既存生保が売れなくなるカニバリゼーションの構造にあるからだろう。

しかし、ネット生保の市場が拡大し既存生保の市場が縮小してくれば、ネット生保に進出せざる得なくなる。住友生命は、その臨界点を超えたと判断したのだろう。他の大手生保が導入すれば、さらに競争が激化し、ネット生保の淘汰&再編も進んでいくだろう。

関連記事:
・ライフネット生命が商品リニューアル〜「業界最安水準」の保険料を導入

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • インデックス投資ナイト2018の第三部座談会に登壇した
    キセン (07/11)
  • 映画「ラストサムライ」にみるグローバリゼーション
    pandora jewelry (04/27)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ハイマージェ (04/23)
  • 日本の現金決済比率は65%で先進国平均の2倍以上〜20万台のATM維持コストは年間2兆円
    パオ (03/20)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ゆうき (02/25)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ハイマージェ (02/25)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (12/03)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (12/03)
  • 軽自動車の規格見直しが求められている理由〜世界のミニマムクラスとのギャップ
    ヤマト (11/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (10/19)