平成25年住宅・土地統計調査結果が発表〜空き家率は13.5%で過去最高

総務省が平成25年住宅・土地統計調査結果を公表した。
平成25年住宅・土地統計調査結果の概要は以下の通り:

  • 総住宅数は6063万戸で5年前に比べ305万戸(5.3%)の増加。
  • 持ち家住宅数は3224万戸で5年前に比べ6.3%増加。
  • 専用住宅の借家1834万戸の1畳当たりの家賃は3017円で5年前に比べ0.7%の低下。
  • 空き家数は820万戸で5年前に比べ63万戸(5.3%)の増加。空き家率は13.5%で過去最高に。
  • 空き家率が最も高いのは山梨県(17.2%)。続いて愛媛県、高知県、徳島県、香川県、鹿児島県、和歌山県、山口県、岡山県、広島県が続く。
  • 全国で東日本大震災により転居した世帯は33万世帯。うち住宅に住めなくなった世帯が13.3万世帯。その他の理由での転居が17.9万世帯。
  • 東日本大震災による被災箇所を改修工事した持ち家数は57.3万戸。

興味深いのは空き家率ベスト10の都道府県のうち、山梨県を除いてすべて西日本で、特に四国地方、中国地方が高いこと。おそらく、四国・中国地方の産業空洞化が進行している事、雪国は空き家として維持するのが困難であることなどが要因かもしれない。

関連記事:
・空き家所有者・空き家利用意向者のアンケート結果が興味深い

コメント
>興味深いのは空き家率ベスト10の都道府県のうち、山梨県を除いてすべて西日本で、特に四国地方、中国地方が高いこと。おそらく、四国・中国地方の産業空洞化が進行している事、雪国は空き家として維持するのが困難であることなどが要因かもしれない。

九州・中国・四国地方の空き家率が東日本よりも空き家率が比較的高かったり、「雪国」が四国・中国地方よりも空き家率が低かったりする点につき、空き家率と高齢化率との相関関係が高いことは、以前から指摘されてきたことです(http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2013/zenbun/s1_1_2.html)。

なお、山梨・長野・和歌山については、別荘の放置、法令税制上の問題、ストロー現象など他地域よりも複合的な要因が多く影響しているように思います。
  • キセン
  • 2014/07/30 3:00 AM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック
【8月4日終値ベース運用状況速報】 ■投資元本(待機資金含む) 59,930千円 ■評価損益(分配金・確定損益・税還付込み) 23,588千円 ■損益率 39.4% ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 先日、総務省が平成25年住宅・
  • 資産運用でスーパーカーを手に入れよう!
  • 2014/08/05 8:13 AM

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ゆうき (01/09)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (01/09)
  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)
  • 築年数と賃料・家賃の関係性〜家賃下落率は築10年で1割・築20年で2割
    たろう (06/06)