フィンランドのミニマリスト映画「365日のシンプルライフ」を見た

オーディトリウム渋谷でフィンランド映画「365日のシンプルライフ」を見た。
この映画はフィンランドの若者が、すべての持ち物をトランクルームに預けて、1日1個づつ必要なものを取り出し、それを365日続けるという実験を行うストーリー。

最初は服や毛布、マットレスなど生活必需品を揃えていく。毎日生活水準が改善されるため、毎日、幸せを感じていたという。しかし、次第に何を取り出すか悩み始める。本当に生活に必要なものは100個くらいで、もう100個くらいで生活を楽しむことができる、とのこと。

映画では持ち物ゼロからスタートするので初日は深夜にトランクルームまで全裸で街を駆け抜ける。初日の夜はコートを取り出し、それを被って睡眠をとっている。

これはさすがに悲惨すぎるが、持ち物数十点くらいからスタートして、モノのありがたさを見直してみるのはおもしろそうだと思った。実際、テントを担いで山に登るときは数十点くらいしか持ち物を持っていない気もするが・・・

関連記事:
・持ち物を最小限にするミニマリストよりも重要な最適所有レベル

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • 投信ブロガーが選ぶFOY2018でeMAXIS Slim先進国株式に全力投球
    ハイマージェ (11/17)
  • ダイヤモンド誌がバルチックカレー中国FC投資を批判
    結局 (11/13)
  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    ゆうき (09/30)
  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    たわら男爵 (09/30)
  • キングスレーキャピタルは投資詐欺か?被害者は?(2)
    鼠小僧 (09/26)
  • インデックス投資ナイト2018の第三部座談会に登壇した
    キセン (07/11)
  • 映画「ラストサムライ」にみるグローバリゼーション
    pandora jewelry (04/27)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ハイマージェ (04/23)
  • 日本の現金決済比率は65%で先進国平均の2倍以上〜20万台のATM維持コストは年間2兆円
    パオ (03/20)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ゆうき (02/25)