東京周辺のオートキャンプ場の相場はなぜこんなに高いのか?

1980年代後半のオートキャンプブームで東京周辺には数多くのオートキャンプ場が建設された。
今やブームは去り、夏休み・連休以外はガラガラの状況だが、東京周辺のオートキャンプ場の相場は5000円〜6000円と、強気の価格設定が未だに続いている。

オートキャンプ場の1区画は車の駐車スペースを入れても車3〜4台分。トイレ、炊事場、シャワールーム、ごみ捨て場等の維持管理は必要だが、ホテルや旅館と異なりベッドメイキング、シーツの回収・洗濯、食事提供も不要だ。それでも価格が高いのは、利用者が夏休み・連休に集中しており、利用率が極めて低いからなのだろう。

ただ、丁寧に調べていくと、ウェブサイトも丁寧に作り、価格も控えめのオートキャンプ場を発見することもある。そんなキャンプ場を見つけると、うれしくなってしまう。

関連記事:
・結婚式場ビジネスにおける構造的課題「保証金」

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • 投信ブロガーが選ぶFOY2018でeMAXIS Slim先進国株式に全力投球
    ハイマージェ (11/17)
  • ダイヤモンド誌がバルチックカレー中国FC投資を批判
    結局 (11/13)
  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    ゆうき (09/30)
  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    たわら男爵 (09/30)
  • キングスレーキャピタルは投資詐欺か?被害者は?(2)
    鼠小僧 (09/26)
  • インデックス投資ナイト2018の第三部座談会に登壇した
    キセン (07/11)
  • 映画「ラストサムライ」にみるグローバリゼーション
    pandora jewelry (04/27)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ハイマージェ (04/23)
  • 日本の現金決済比率は65%で先進国平均の2倍以上〜20万台のATM維持コストは年間2兆円
    パオ (03/20)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ゆうき (02/25)