地方創生法案が閣議決定〜人口減少社会における地域振興策への国費投入の問題

政府が「まち・ひと・しごと創生法案(地方創生法案)」を閣議決定した(日本経済新聞)。
記事によると、人口減少に歯止めをかけ、東京圏への人口の過度な集中を是正することを目指して、2015年度から5年間で取り組む人口減少対策の具体策や、20年時点の達成目標を盛り込んだ「総合戦略」の策定を規定。地方自治体にも総合戦略作成の努力義務を課すとのこと。また、各省庁ごとに分かれる地域支援策の申請窓口を内閣府に一元化する地域再生法改正案も閣議決定した。

まず、短期的な政策変更によって出生率を多少改善したとしても、人口減少のトレンドに影響を与えるのはかなり先になる。このように人口減少が不可避の中で、ある地域の人口減少を食い止めることは、他の地域の人口減少を加速させることになる。

このような構造の中で、ある自治体の人口減少対策に国費を投じることは、人口減少が加速した他地域の行政コストを引き上げることになるため、効果が出ないばかりか、トータルの行政コストを高めてしまう可能性がある。

人口減少社会の中では、バランスを保ちながら縮小均衡を図ることが必要だ。税金を使ってある地域の「人口減少に歯止めをかける」という発想からは脱却したほうが良いだろう。

関連記事:
・日本創成会議が2040年に若年女性が50%以上減少する消滅可能性自治体896を発表

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • 株価大幅下落を受け通算9回の買い注文〜短期資金の配分割合を48%から40%へ
    ハイマージェ (06/26)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ゆうき (01/09)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (01/09)
  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)