アブラハム・ウェルスマネジメント株式会社が営業開始〜相変わらず難解なアブラハム文学

アブラハム・グループ・ホールディングスが「2015年アブラハムグループ創業10周年に向けて」と題するニュースリリースを発表した。
ニュースリリースでは、2014年5月に新会社アブラハム・ウェルスマネジメント株式会社を設立、12月には関東財務局長より金融商品仲介業の登録を頂戴したとのこと。

金融庁の金融商品仲介業者のリストは11月30日現在、関東財務局の金融商品仲介業者のリストは9月30日現在なので、登録の有無は今のところ確認できない。

アブラハム・ウェルスマネジメント株式会社のウェブサイトによれば、富裕層限定で、財産を守りながら殖やすノウハウを会員制ファイナンシャル・コンサルティングサービスとして提供する会社とのこと。

よくある質問ページによれば、アブラハム・ウェルスマネジメント株式会社は「米国財務省証券(米国債)を活用した元本確保型の財産保全ノウハウ」を専門にしているとのこと。元本確保型運用と言っても米ドル建てのようだ。

興味深いのは「預金には実質価値が下落し損をするリスク」があると指摘し、「行くも地獄、行かぬも地獄のジレンマ」と書いているにも関わらず、元本確保型運用を提唱していること。元本を確保してもインフレが生じれば損をするはずなのに。

相変わらず「アブラハム文学」は難解だ。

関連記事:
・アブラハム・プライベートバンクが「業務再開に関するお知らせ」を発表

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ゆうき (01/09)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (01/09)
  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)
  • 築年数と賃料・家賃の関係性〜家賃下落率は築10年で1割・築20年で2割
    たろう (06/06)