新着記事/関連記事

インデックス投資ブロガー33人は2014年のNISA口座枠でどんな投信・ETFを買ったか?

インデックス投資ブロガーの2014年NISA口座枠の投資商品(投信・ETF等)を分析してみた。
調査方法は、検索エンジンや相互リンクを辿ってたどり着いたインデックス投資ブログのうち、2014年NISA口座枠の投資商品(投信・ETF等)を公開しているブログをピックアップし、エクセルを使って集計した。

インデックス投資ブロガーが保有している2014年NISA口座枠の投資商品及び保有者数は以下の通り:

  • ニッセイ外国株式インデックスファンド:6人
  • ニッセイ日経225インデックスファンド:5人
  • 世界経済インデックスファンド:5人
  • 個別株:5人
  • TOPIX連動型上場投資信託 (1306):3人
  • EXE-iグローバル中小型株式ファンド:3人
  • Funds-i新興国株式インデックス:3人
  • SMT新興国株式インデックス:3人
  • ニッセイグローバルリートインデックス:3人
  • eMAXISバランス(8資産均等型):3人
  • MAXIS Jリート上場投信(1597):2人
  • 上場Aリート(1555):2人
  • 上場インデックスファンド海外新興国株式(1681):2人
  • Vanguard Total World Stock ETF(VT):2人
  • 日本株式インデックスe:2人
  • eMAXIS 新興国株式インデックス:2人
  • MAXISトピックス上場投信(1348) :1人
  • 高配当70(1577):1人
  • 上場インデックスファンド海外先進国株式(1680):1人
  • iシェアーズ先進国株ETF(1581) :1人
  • SPRD S&P(1557):1人
  • IS米高配当(1589):1人
  • iシェアーズエマージング株ETF(1582):1人
  • NEXT FUNDSロシア株式指数・RTS連動型上場投信(1324):1人
  • 上場新興国債券(1566):1人
  • iShares MSCI EAFE ETF (EFA):1人
  • Vanguard Total Stock Market(VTI):1人
  • Vanguard Emerging Markets ETF (VWO)    :1人
  • KODEX200(1313):1人
  • SMT TOPIXインデックスオープン:1人
  • ひふみ投信:1人
  • SMTグローバル株式インデックス:1人
  • 外国株式インデックスe:1人
  • SMT国内債券インデックス:1人
  • 日本債券インデックスe:1人
  • ニッセイ外国債券インデックスファンド:1人
  • SMT新興国債券インデックス・オープン:1人
  • SMT J-リートインデックス:1人
  • eMAXIS国内リートインデックス:1人
  • eMAXIS先進国リートインデックス:1人
  • eMAXIS新興国リートインデックス:1人
  • セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド:1人
  • セゾン資産形成の達人ファンド:1人
  • Funds-i内外7資産バランス・ヘッジ型:1人
  • eMAXISバランス(波乗り型):1人
  • SMTインデックスバランス・オープン:1人

1位がニッセイ外国株式インデックスファンドで、2位がニッセイ日経225インデックスファンドと、NISA対象商品としてニッセイのインデックスファンドシリーズが人気となっていることが分かる。同じく2位にはバランス型の世界経済インデックスファンドがランクインしており、eMAXISバランス(8資産均等型)も人気である。個別株を購入した人も多かった。

33人中、3人はNISA口座枠を使用していないことを表明している。残り30人の1人当たりの保有商品数は2.62本。最小値は1本で最大値は6本だった。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014受賞商品の保有人数は以下の通り:
  • 1位:ニッセイ外国株式インデックス:6人
  • 2位:Vanguard Total World Stock ETF (VT):2人
  • 3位:セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド:1人
  • 4位:結い2101:0人
  • 5位:eMAXISバランス(8資産均等型):3人
  • 6位:ひふみ投信:1人
  • 7位:世界経済インデックスファンド:5人
  • 8位:SMTグローバル株式インデックス:3人
  • 9位:ニッセイ日経225インデックスファンド:5人
  • 10位:eMAXIS新興国株式インデックス:2人

1位はNISA運用商品のトップだったものの、順位と保有者数は必ずしも比例していない。

インデックス投資ブロガーの2014年NISA口座枠の投資商品を参照したページは以下の通り:


関連記事:
・インデックス投資ブロガー29人のNISA運用商品タイプと一般口座とのギャップ分析

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (05/11)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (05/11)
  • 2016年9月30日現在の妻のアセットアロケーション(資産配分)と投資商品
    ハイマージェ (04/25)
  • 非常用復水器(イソコン)の使用方法を知らなかった東京電力
    アルバートロンくん (04/13)
  • ジュニアNISAの利用者数が低迷〜ジュニアNISA制度の必要性を問う
    Bobおじさん (03/09)
  • スーモの賃貸・購入比較の試算はアンフェアではないか?
    Willy (01/26)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    マサル (01/13)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    ゆうき (01/11)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    マサル (01/11)
  • 金融庁が導入検討中の「積立NISA」が年間投資上限40万円・非課税期間20年で決着
    ハイマージェ (12/10)