2014年に投資したNISA口座のETFをすべて売却した

2014年に投資したNISA口座枠のETFをすべて売却した。
理由は、過去1年間で約20%のトータルリターンが出ている上、同じポートフォリオ(日本株2割、先進国株5割、新興国株3割)の過去3年間リターンが約30%に達しているため(myINDEX参照)。

残り期間(約4年間)の分配金への想定非課税メリット(約1万6000円)を考慮しても、一旦利益確定して譲渡益の非課税メリットを享受したほうがトータルの課税額を圧縮できるかも、と考えたため。なお、譲渡益は約18万円、分配金額は約2万円なので、実現した非課税メリットはトータルで約4万円。売却後は同配分で特定口座にて再投資する予定。

当初はNISA口座でも長期投資を想定していたが、NISA口座では柔軟化することに。NISA口座内では引き続き中期的な利益確定も選択肢の一つとしていく予定。

関連記事:
・2014年分のNISA口座のインデックス投資を実行

コメント
私も同じ時期にNISAをクローズしました。
そしたら最近の世界爆上げ兆候で、まんまと、利益取りこぼし状態です。

長年投資してても、なかなかタイミングを計るのは難しいですね。
  • ETF
  • 2015/02/21 9:34 AM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック
インデックス投資ナイトでイラスト作成を依頼していただきました、ゆうきさん(@yt94)です。 ウインタースポーツがお好きなようですね(オンマウス)。 ブロガー座談会「私たちインデックス投資をやってます」において、ゆうきさんはNISAについてこんなこと
  • ますいっちと世界分散投資?
  • 2015/07/14 10:18 PM

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ゆうき (01/09)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (01/09)
  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)
  • 築年数と賃料・家賃の関係性〜家賃下落率は築10年で1割・築20年で2割
    たろう (06/06)