新着記事/関連記事

ブラジルの物価が高い理由はブラジル・コスト(税制・雇用・物流コスト)

出張でブラジルに行った。ブラジルは二度目だが、いつも物価の高さに驚かされる。特に高いのはレストランでの外食でだいたい日本の二倍ぐらいかかる。
ブラジルの物価が高い理由を調べたところ、ピクテ投信投資顧問の記事「ブラジル物価動向は価格の動きだけにあらず」に以下の記述があった:ブラジルの物価高の原因のひとつはブラジル・コストとのこと。

ブラジルコストの詳細は、ブラジル日本商工会議所の記事「ブラジルコスト」に詳しく書かれている。頻繁に変更される56種類の税金があり、税負担はGDPの約4割に達するという。給与・社会保障など被雇用者が過度に優遇され、硬直的な労働法制があり、警備コスト、高い融資金利、未整備のインフラ設備、頻発化するストなどがあるとのこと。

在ブラジル日本国大使館のブラジル便り2012年6月号では、実質賃金コストと労働生産性の比較がなされているが、賃金コストの上昇が労働生産性の上昇に見合っていない状況とのこと。

物価高の背後にある問題は根深そうだ。

関連記事:
・なぜブラジル市場では日本車シェアが低いのか?

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント