新着記事/関連記事

財務省が財政の後年度影響試算を公表〜プライマリーバランスは2018年度をピークに悪化

財務省が平成27年度予算の後年度歳出・歳入への影響試算を公表した。
予算の後年度歳出・歳入への影響試算は、国債費やプライマリーバランス(基礎的財政収支)などをシミュレーションしたもの。従来は5年間の推計だったが、今年度から参考として、7年間の推計が示された。

興味深いのは、経済成長1.5%ケースの場合、プライマリーバランスは2018年をピークに悪化していること。しかも、この推計の前提は10年国債金利が1.8%で安定していることを前提としているので、金利が悪化した場合、プライマリーバランスはさらに悪化することになる。

なお、先日、内閣府が公表した中長期の経済財政に関する試算(2015年版)でも、ベースラインケースの場合、プライマリーバランスは、金額ベースで2018年度にピークを示しており、対GDP比ベースでも2021年度をピークに悪化している。

2020年度にプライマリーバランスをプラスにすることはもはや不可能だが、2018年をピークに悪化する状況では、国債格付け悪化・金利高騰は不可避だろう。

関連記事:
・内閣府と財務省のプライマリーバランス試算結果が大きく異なる理由は?

コメント
いわゆる異次元緩和の影響で超低金利が続く中、生保各社による貯蓄型保険の販売停止が相次いでいるわけです。

個人的にはこのような商品に全く興味がないのですが、興味以前の問題として、我々が自ずと投資している”MRF”の利回りが今後どうなるのか懸念しております。要するに、マイナス金利になるのではないのかと。

そろそろキャッシュにつきペイオフも意識した銀行間での分散預金化を考えるべきなのか。もっとも、MRFがマイナス金利ともなれば銀行預金についてもマイナス金利になるとも・・・何とも悩ましい限りです。
  • キセン
  • 2015/02/21 5:13 PM
以下の記事でMRFの運用状況について調べてみました。短期金利は若干持ち直していますが、まだ予断を許さない状況ですね。
http://genuinvest.net/?eid=2336
  • ゆうき
  • 2015/02/21 7:05 PM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    ゆうき (09/19)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    パイン (09/17)
  • 金融庁へ「個人投資家からの税制改正要望」(NISA制度等)について意見を提出
    オーナーTH (08/09)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (06/08)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (06/08)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ゆうき (06/04)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ハイマージェ (06/04)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (05/11)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (05/11)
  • 2016年9月30日現在の妻のアセットアロケーション(資産配分)と投資商品
    ハイマージェ (04/25)