新着記事/関連記事

欧州中央銀行(ECB)が量的緩和で国債を買えない理由〜マイナス金利の副作用

欧州中央銀行(ECB)の量的緩和の実行力が危ぶまれている(ロイター)。
記事によると、欧州中央銀行(ECB)は量的緩和策として国債の大量購入を予定しているが、欧州の民間金融機関が売却に応じない可能性が高いとのこと。背景には、銀行が欧州中央銀行(ECB)に預ける預金がマイナス金利で、国債以外に適当な運用先が見つからないためとのこと。

日銀の当座預金(金融機関向けの口座)には0.1%の利子が付けられており(これを付利という)、日本の民間金融機関は日銀に対して国債を大量売却している。結果的に日銀が国債を買ってマネタリーベースは増加しているものの、当座預金が積み上がっているだけで資金はほとんど市場に流れていない。

量的緩和とマイナス金利は両立不可能だ。欧州中央銀行(ECB)はマイナス金利を撤回せざる得ない状況に陥るだろう。

関連記事:
・日銀「異次元緩和」の限界〜国債金利低下でバランスシートが逆ザヤに

コメント
>量的緩和とマイナス金利は両立不可能だ。欧州中央銀行(ECB)はマイナス金利を撤回せざる得ない状況に陥るだろう。

確かに一見量的緩和とマイナス金利とはトレードオフのようにも思ったものですが、そもそも黒田日銀の場合数値的なマネタリーベース(増加)目標を掲げているのに対し、ECBの場合は資産買い入れの規模をいわば目標にしています。また、日銀とは異なり、ECBの場合は外為市場への介入も業務の一環です。

そうすると、ECBの場合は、黒田日銀が法的に口が裂けても言えない、(ドラギさんも政治的には宣言することはできないものの)資産買い入れによる「通貨安誘導に基づく物価上昇」を狙うことも可能になるとも言えそうです。要するに、目下ドラギさんに課された問題は、専らユーロ圏のデフレ阻止にあるわけですから。

そうであれば、マイナス金利を温存したことも何となく理解することもできるように思う次第です。所詮量的緩和とは、理屈を伴わない気合のようなものですからね・・・。
  • キセン
  • 2015/02/24 1:51 AM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (05/11)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (05/11)
  • 2016年9月30日現在の妻のアセットアロケーション(資産配分)と投資商品
    ハイマージェ (04/25)
  • 非常用復水器(イソコン)の使用方法を知らなかった東京電力
    アルバートロンくん (04/13)
  • ジュニアNISAの利用者数が低迷〜ジュニアNISA制度の必要性を問う
    Bobおじさん (03/09)
  • スーモの賃貸・購入比較の試算はアンフェアではないか?
    Willy (01/26)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    マサル (01/13)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    ゆうき (01/11)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    マサル (01/11)
  • 金融庁が導入検討中の「積立NISA」が年間投資上限40万円・非課税期間20年で決着
    ハイマージェ (12/10)