新着記事/関連記事

ポートフォリオ全体の実質維持コストは約0.24%(確定拠出型年金を除くと約0.20%)

相互リンク先の投資ブログ「資産運用でスーパーカーを手に入れよう!」に「自分の資産運用のコストをみえる化してみる」という興味深い記事が掲載されていた。
記事では、投信やETFの実質コスト(又は経費率)をもとに、ポートフォリオの維持コストを算出。結果、維持コストは40万8千円で、運用額に対する割合は0.48%だったとのこと。

そこで、早速、私もポートフォリオ全体の実質維持コストを算出してみた。国内ETFの実質維持コストは、ひと手間くわえた積立投資で資産形成「国内ETFの実質コスト比較(2014年7月) 」を参照し、野村DCシリーズの実質維持コストは、cubの日記〜コツコツ投資で2千万貯めました「野村DC新興国株インデックスファンド他、最新実質コスト判明」を参照した。

保有している各ファンドの実質維持コストは以下の通り:
  • TOPIX連動型上場投資信託(1306):0.14046%
  • MAXISトピックス上場投信(1346):0.12004%
  • 上場インデックスファンド海外先進国株式(1680):0.21319%
  • MAXIS海外株式上場投信(1550):0.21924%
  • 上場インデックスファンド海外新興国株式(1681):0.22278%
  • 野村DC国内株式インデックスファンド・TOPIX:0.205%
  • 野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI:0.270%
  • 野村新興国株式インデックスファンド (確定拠出年金向け):0.756%

私のポートフォリオ全体の実質維持コストは約0.24%で、確定拠出型年金を除いたポートフォリオの実質維持コストは0.20%だった。

関連記事:
・インデックス投資ブロガーは実質コストの安い投資信託を選択しているか?

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック
(ややや、このPV数は一体) 前回記事『自分の資産運用のコストを「みえる化」してみる』は著名ブログ「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」の記事(資産1000万円どころか1億円近くなると、ますます運用コストが重要になってくる)にて紹介いただきました。 またこ
  • 資産運用でスーパーカーを手に入れよう!
  • 2015/03/10 12:04 AM

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • ジュニアNISAの利用者数が低迷〜ジュニアNISA制度の必要性を問う
    Bobおじさん (03/09)
  • スーモの賃貸・購入比較の試算はアンフェアではないか?
    Willy (01/26)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    マサル (01/13)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    ゆうき (01/11)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    マサル (01/11)
  • 金融庁が導入検討中の「積立NISA」が年間投資上限40万円・非課税期間20年で決着
    ハイマージェ (12/10)
  • ドコモのガラケーから楽天モバイルの格安スマホ「Huawei P9 Lite」に機種変更
    ゆうき (10/23)
  • ドコモのガラケーから楽天モバイルの格安スマホ「Huawei P9 Lite」に機種変更
    ハイマージェ (10/22)
  • ドコモのガラケーから楽天モバイルの格安スマホ「Huawei P9 Lite」に機種変更
    ゆうき (10/22)
  • ドコモのガラケーから楽天モバイルの格安スマホ「Huawei P9 Lite」に機種変更
    あきお (10/22)