新着記事/関連記事

ジュニアNISAの問題点〜18歳の若者に数百万円の資産が転がり込む影響

2016年からジュニアNISAが導入される予定とのこと。投資家にとって非課税口座が拡大するのは歓迎できるが、使い方には注意が必要だ。
ジュニアNISAは、年間80万円、5年間で最大400万円の投資が非課税になる。新規投資が可能な期間は2016年から2023年までの8年間で、最後の投資の非課税終了は2028年。子どもが18歳以前に引き出すと課税対象になるとのこと。

この制度の最大の懸念は、子どもが18歳になると数百万の資産が転がり込み、子どもの意思で自由に使えるようになることだ。親が大学の入学金や授業料に使おうと思っていても、法律上は子どもに財産権が生じてしまうのだ(成人が18歳になっていると仮定)。

18歳の若者にとって数百万の資産は極めて大きなお金だ。親の願い通り大学の入学金や授業料に使ってくれたとしても、お金を得るための大変さを実感できないまま大人になってしまう可能性が否めない。

実際、トマス・J・スタンリー&ウィリアム・D・ダンコ著「となりの億万長者」によれば、多額の贈与を受けた子どもは、そうでない子どもよりも年収が低かったとのこと(工学博士と学ぶ NISAの現実と長期投資の実践記事「子供版NISAは子どもに悪影響も?ご利用は計画的に」参照)。多額の贈与は子どもの教育に悪影響を及ぼしている。

子どもに知られないように運用することも難しい。証券口座を持つと様々な文書が子ども名義で自宅に届くようになる。住所変更など各種変更には本人の身分証明書コピーが必要になる。証券口座の出金先は本人名義の銀行口座に限定されている。

以上の点を考慮すると、ジュニアNISAはとても使う気にはなれない。

関連記事:
・ちきりんの「お年玉はソッコーで使うべき」論への違和感

コメント
子どもをお金をムダ遣いしない良い子に育てるだけでは足りず、金融リテラシーをも身につけさせなければならなくなりそうですね。
そうでなければ、退職金をもらってすぐ銀行で手数料の高いファンドを買わされる60代と同じようにカモにされてしまいそうです。

逆に今からその18歳をカモにするための商品を予想するのも楽しいかもしれませんが。
  • Sumun
  • 2015/03/20 2:45 PM
これはもう18年かけてお金の使い方、大切さ、資産作りや運用等々、親が子供に教え伝える事です。
今現在、試行錯誤して投資を勉強したり始めたりしている親なら、伝えるリテラシーはきっと身についていると思います。
面倒くさがって何も教えないと…ご心配の通りになっちゃいそうです。

親の収入で教育費用が楽々賄えるならいいですけど。
何にしろ手間がかかりますね。
  • ニース
  • 2015/04/05 6:39 PM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    ゆうき (09/19)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    パイン (09/17)
  • 金融庁へ「個人投資家からの税制改正要望」(NISA制度等)について意見を提出
    オーナーTH (08/09)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (06/08)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (06/08)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ゆうき (06/04)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ハイマージェ (06/04)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (05/11)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (05/11)
  • 2016年9月30日現在の妻のアセットアロケーション(資産配分)と投資商品
    ハイマージェ (04/25)