新着記事/関連記事

アジアインフラ投資銀行(AIIB)の融資規模を想定してみた〜AIIBとADBを比較

アジアインフラ投資銀行(AIIB)の融資規模をシミュレーションし、AIIBとADBの融資規模の違いを比較してみた。
まず、アジア開発銀行(ADB)の規模について、ADB財務概要2014によれば、各国政府からコミットメントを得ている応募済み資本は1628億ドルあるが、実際に現金化された払込資本は82億ドル。この払込資本と利益剰余金113億ドルを原資として市場でADB債の発行等を通じて616億ドルの借り入れを行っている。

これらの資金をベースにADBの融資残高は852億ドルとなっている。自己資本比率は20%で、途上国政府が主な貸出先のため、銀行としてはかなり安全運転が行われていることが分かる。

一方、アジアインフラ投資銀行(AIIB)の資本金は1000億ドル規模で、500億ドル規模からスタートすると発表されている。これは応募済み資本の規模だと思われるので、払込資本がADBと同率(5%)だと25億ドル〜50億ドルとなる。

AIIBの設立当初は利益剰余金はないので、この原資をもとに市場で債券を発行して調達することになるが、ADBと同規模の借入ができた場合は、借入額は125億ドル〜250億ドルとなる。

しかし、中国が4割出資するAIIBは、ADBのようにトリプルAの格付けを獲得できない可能性が高い。したがって、ADBと同規模の借り入れは困難で、仮に半額程度とすると、借入額は60億ドル〜120億ドルとなる。

自己資本と借入額を合計した融資残高の規模は85億ドル〜170億ドル程度。払込資本を応募済み資本の10%とした場合は、融資残高の規模は170億ドル〜340億ドル程度となる。

以上をまとめると、

  • 払込資本:82億ドル(ADB)/25億ドル〜100億ドル(AIIB)
  • 借入残高:616億ドル(ADB)/60億ドル〜240億ドル(AIIB)
  • 融資規模:852億ドル(ADB)/85億ドル〜340億ドル(AIIB)

したがって、AIIBの融資規模はADBの10分の1〜3分の1程度と見込まれる。過剰な期待や恐怖心を抱かないようにすることが重要だ。

4/12追記:ロイター記事によると、払込資本は20%程度になり、当初は100億円程度になるとのこと。払込資本は予想外に多そうだ。

関連記事:
・アジアインフラ投資銀行(AIIB)参加が非効率な理由〜出資比率から考える債券格付け問題

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    ゆうき (09/19)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    パイン (09/17)
  • 金融庁へ「個人投資家からの税制改正要望」(NISA制度等)について意見を提出
    オーナーTH (08/09)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (06/08)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (06/08)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ゆうき (06/04)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ハイマージェ (06/04)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (05/11)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (05/11)
  • 2016年9月30日現在の妻のアセットアロケーション(資産配分)と投資商品
    ハイマージェ (04/25)