新着記事/関連記事

ポートフォリオ全体の実質維持コストが0.24%から0.22%に低下した

ポートフォリオ全体の実質維持コストを計算した。
2015年3月に計算した時は、約0.24%で、確定拠出型年金を除くと約0.20%だったが、その後、実質維持コストが0.756%だった野村新興国株式インデックスファンド(確定拠出年金向け)を全部売却した。

結果、私のポートフォリオ全体の実質維持コストは約0.22%で、確定拠出型年金を除いたポートフォリオの実質維持コストは0.20%だった。

野村DC国内株式インデックスファンド・TOPIXの実質維持コストも日本株ETFに比べると高いため、こちらも時機を見て売却し、確定拠出型年金の投資商品は、野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAIの1本に絞る予定。

関連記事:
・ポートフォリオ全体の実質維持コストは約0.24%(確定拠出型年金を除くと約0.20%)

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドへの投資を見送る理由
    ハイマージェ (12/03)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドへの投資を見送る理由
    ハイマージェ (12/03)
  • 軽自動車の規格見直しが求められている理由〜世界のミニマムクラスとのギャップ
    ヤマト (11/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (10/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ゆうき (09/30)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (09/30)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    ゆうき (09/27)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    AKI (09/27)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    ゆうき (09/19)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    パイン (09/17)