ポートフォリオ全体の実質維持コストが0.24%から0.22%に低下した

ポートフォリオ全体の実質維持コストを計算した。
2015年3月に計算した時は、約0.24%で、確定拠出型年金を除くと約0.20%だったが、その後、実質維持コストが0.756%だった野村新興国株式インデックスファンド(確定拠出年金向け)を全部売却した。

結果、私のポートフォリオ全体の実質維持コストは約0.22%で、確定拠出型年金を除いたポートフォリオの実質維持コストは0.20%だった。

野村DC国内株式インデックスファンド・TOPIXの実質維持コストも日本株ETFに比べると高いため、こちらも時機を見て売却し、確定拠出型年金の投資商品は、野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAIの1本に絞る予定。

関連記事:
・ポートフォリオ全体の実質維持コストは約0.24%(確定拠出型年金を除くと約0.20%)

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • 株価大幅下落を受け通算9回の買い注文〜短期資金の配分割合を48%から40%へ
    ハイマージェ (06/26)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ゆうき (01/09)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (01/09)
  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)