新着記事/関連記事

ポートフォリオ全体の実質維持コストが0.24%から0.22%に低下した

ポートフォリオ全体の実質維持コストを計算した。
2015年3月に計算した時は、約0.24%で、確定拠出型年金を除くと約0.20%だったが、その後、実質維持コストが0.756%だった野村新興国株式インデックスファンド(確定拠出年金向け)を全部売却した。

結果、私のポートフォリオ全体の実質維持コストは約0.22%で、確定拠出型年金を除いたポートフォリオの実質維持コストは0.20%だった。

野村DC国内株式インデックスファンド・TOPIXの実質維持コストも日本株ETFに比べると高いため、こちらも時機を見て売却し、確定拠出型年金の投資商品は、野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAIの1本に絞る予定。

関連記事:
・ポートフォリオ全体の実質維持コストは約0.24%(確定拠出型年金を除くと約0.20%)

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 金融庁へ「個人投資家からの税制改正要望」(NISA制度等)について意見を提出
    オーナーTH (08/09)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (06/08)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (06/08)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ゆうき (06/04)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ハイマージェ (06/04)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (05/11)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (05/11)
  • 2016年9月30日現在の妻のアセットアロケーション(資産配分)と投資商品
    ハイマージェ (04/25)
  • 非常用復水器(イソコン)の使用方法を知らなかった東京電力
    アルバートロンくん (04/13)
  • ジュニアNISAの利用者数が低迷〜ジュニアNISA制度の必要性を問う
    Bobおじさん (03/09)