関東甲信地域の今後30年以内の大地震発生確率が発表〜リタイア後の移住地を再検討

政府の地震調査委員会が関東甲信地域の今後30年間に大地震の発生確率を発表した(読売新聞)。
記事によると、今後30年以内にマグニチュード6.8以上の大地震が発生する確率は糸魚川・静岡構造線断層帯を含む区域の確率が最も高く30〜40%となった。現在、私の住んでいる神奈川県川崎市は1〜3%と低かったが、実家のある横浜市西部は15%〜20%と比較的高かった。評価結果の詳細は地震調査研究推進本部のサイトを参照。

山梨県北部から長野県茅野市にかけての八ヶ岳山麓はリタイア後の移住先の候補エリアの一つとして考えていたが、この大地震発生確率を考えると、次の候補エリアである佐久・上田・長野エリアの方が良いかもしれない。

関連記事:
・首都直下地震の経済被害想定は95兆円〜株価・不動産はどうなる?

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ゆうき (01/09)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (01/09)
  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)
  • 築年数と賃料・家賃の関係性〜家賃下落率は築10年で1割・築20年で2割
    たろう (06/06)