バンコク・チェンマイ間の高速鉄道(タイ新幹線)の採算性が厳しい理由

出張でタイのバンコクに来ている。仕事とは直接関係ないがバンコク・チェンマイ間の高速鉄道(新幹線)に日本が支援する可能性が高まっているそうだ(ロイター)。
記事によれば、タイの運輸大臣が協力調印のため5月27日に来日予定で、高速鉄道(新幹線)は首都バンコクと北部のチェンマイ間の約670キロ。早ければ2016年の第2四半期に着工予定とのこと。

しかし、この路線の採算性は厳しいだろう。バンコク首都圏の人口は約1500万人(ウィキペディア)と十分な需要が見込めそうだが、チェンマイ郡の人口は約27万人(ウィキペディア)、途中のピッサヌローク郡も約26万人(ウィキペディア)しかいない。

ちなみに最近、日本で開通した北陸新幹線の金沢市は46万人で(ウィキペディア)、富山市は42万人だ(ウィキペディア)。九州新幹線が開通した鹿児島市で61万人(ウィキペディア)、熊本市で74万人(ウィキペディア)。タイの所得水準を考えれば、高速鉄道の対象人口は日本よりも少なくなるため、より多くの人口がいなければ採算は成り立たない。

この高速鉄道(新幹線)計画はバンコク・チェンマイ間を3時間43分で結ぶことを目指しているようだが(ウィキペディア)、バンコク・チェンマイ間はライオンエア、エアアジア、ノックエア、タイ国際航空などがひしめく激戦区間で、LCCに乗れば通常、数千円で行ける。

空港までの移動時間や待ち時間を考慮しても、高速鉄道に多くの需要が見込めるとは思えない。タイの高速鉄道(新幹線)は前途多難だ。

関連記事:
・新幹線輸出より地道な通勤電車輸出の方が大切なのでは?

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ゆうき (01/09)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (01/09)
  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)
  • 築年数と賃料・家賃の関係性〜家賃下落率は築10年で1割・築20年で2割
    たろう (06/06)