新着記事/関連記事

MSCIが中国(上海・深セン)A株指数を条件付きで採用へ〜高値掴みは回避すべき

MSCIが上海・深センの中国A株指数(人民元建ての中国株指数)を条件付きで採用することを決定した(日本経済新聞)。
記事によれば、中国での外国人投資家の投資制限枠や十分な流通量の確保といった課題が解消されれば、毎年6月のレビューを待たずに指数に組み入れるとのこと。

すでに、バンガードは中国A株指数をバンガードFTSE新興市場ETFに組み入れることを発表している(ロイター)。FTSEやS&Pも中国A株を組み入れることを検討中とのこと(WSJ)。

しかし、上海A株指数はインデックスへの採用の動きを先取りしてこの1年間で2倍以上に急騰している(ブルームバーグ)。このタイミングでMSCIが組み入れれば、高値掴みの可能性が否めない。

投資環境を整備した上での中国A株指数の採用は良いだろうが、組入れタイミングは、このお祭り騒ぎがひと段落してからでも良いと思う。

関連記事:
・MSCIエマージング指数への上海A株指数の組み入れ可否を6月9日に発表

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 軽自動車の規格見直しが求められている理由〜世界のミニマムクラスとのギャップ
    ヤマト (11/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (10/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ゆうき (09/30)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (09/30)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    ゆうき (09/27)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    AKI (09/27)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    ゆうき (09/19)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    パイン (09/17)
  • 金融庁へ「個人投資家からの税制改正要望」(NISA制度等)について意見を提出
    オーナーTH (08/09)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (06/08)