新着記事/関連記事

菊池誠一著「大地震と株式投資」〜脆弱なトヨタ、日産、スズキ、日立などの地域集中企業



菊池誠一著「大地震と株式投資」を読んだ。
本書は大規模地震や大規模噴火などの「イベントX」に対して日本企業がどのようなリスクを持っているかを分析した本だ。

特に興味深かった点はトヨタ自動車、日産自動車、スズキ、日立製作所などで特定の地域に工場が集中しており、これらの企業が災害リスクに極めて脆弱であるとの分析。なお、私も2005年に巨大地震のリスクと株価という記事で似たような分析をしてみたことがある。

本書を読むと国内株式ポートフォリオの災害リスクが極めて高いことが良くわかる。私の国内株式の目標割合は17.5%〜22.5%で、2014年12月現在の割合は21.49%だが、目標割合を下げるかどうか検討してみたい。

関連記事:
・南海トラフ巨大地震の被害額は最大で220兆円

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック
2015/5/30に日本全国を揺らした小笠原沖地震。最新の(修正)情報によれば、地震の規模を示すマグニチュードは8.1。そして、震源の深さは682Kmとなり、気象庁によれば1900年以降のM8以上 ...
  • レバレッジ投資実践日記(インデックス投資ブログ)
  • 2015/06/10 8:23 PM

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 軽自動車の規格見直しが求められている理由〜世界のミニマムクラスとのギャップ
    ヤマト (11/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (10/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ゆうき (09/30)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (09/30)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    ゆうき (09/27)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    AKI (09/27)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    ゆうき (09/19)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    パイン (09/17)
  • 金融庁へ「個人投資家からの税制改正要望」(NISA制度等)について意見を提出
    オーナーTH (08/09)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (06/08)