新着記事/関連記事

中国の人口ピークが2023年に〜2013年の生産年齢人口ピークとの差は10年

中国の人口ピークが2023年になるとの見方が広まっているとのこと(共同通信)。
記事によれば、中国の人口問題専門家の易富賢氏は中国の人口のピークは2023年で、英誌エコノミストの調査機関やスイス・ジュネーブ大学の専門家も2023年と予測しているとのこと。

中国の生産年齢人口のピークは2013年だったので、生産年齢人口のピークと総人口のピークの差は10年になる見込みだ。

ちなみに日本の生産年齢人口のピークは1995年で総人口のピークは2008年なので、その差は13年だ。中国は日本よりも人口減少が急激に進む可能性があると言える。

関連記事:
・中国の不動産バブル崩壊もバランスシート不況と生産年齢人口減少のダブルパンチ?

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント