山崎元・水瀬ケンイチ著「全面改訂ほったらかし投資術」で語られなかった重大事項



山崎元・水瀬ケンイチ著「全面改訂ほったらかし投資術」を読んだ。予約しておいたアマゾンからようやく到着した。
前作の「ほったらかし投資術」の出版は2010年。前作は両者の執筆パートが明確に分離されており、山崎氏のトーンと水瀬氏のトーンにややギャップがあったため、初心者にとっては若干読みにくい構成にはなっていた。しかし、本作は両者が共同で進めるかたちになっており、読みやすさが向上したと思う。最新のインデックス投資商品も充実している。

アセットアロケーションについては、前作では国内株5割、先進国株4割、新興国株1割という推奨ポートフォリオが示されていたが、本作では国内株式と外国株式を5:5(4:6もしくは6:4まで許容範囲)となっており、具体的な商品としてMAXISトピックス上場投信(1348)とニッセイ外国株式インデックスファンドが示されている。新興国株式の投資の是非・配分に関する記述はいつの間にか消えているが、その理由が示されていないのは残念だった。

また、このアセットアロケーションは以前から山崎氏が推奨して来たものだが、水瀬氏の実践しているアセットアロケーションは、日本株と外国株は1:6の比率になっており、本書の推奨ポートフォリオとは大きく異なっている(2014年12月末の資産配分と主な投資商品参照)。この点は、山崎氏と水瀬氏の意見の違いとして記載しておいた方が良かったと思う。

いずれにしても、初心者にはオススメできる投資本として、インデックス投資初心者のためのオススメ本4冊に追加したい。

関連記事:
・山崎元・水瀬ケンイチ著「全面改定ほったらかし投資術」の共著者間の不一致点が興味深い

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • 確定拠出年金(iDeCo含む)の商品数(35本)上限は撤廃すべき
    ハイマージェ (08/27)
  • 確定拠出年金(iDeCo含む)の商品数(35本)上限は撤廃すべき
    ゆうき (08/27)
  • 確定拠出年金(iDeCo含む)の商品数(35本)上限は撤廃すべき
    ハイマージェ (08/27)
  • 2020年7月31日現在のアセットアロケーション(資産配分)と投資商品
    ハイマージェ (08/27)
  • 株価大幅下落を受け通算9回の買い注文〜短期資金の配分割合を48%から40%へ
    ハイマージェ (06/26)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ゆうき (01/09)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (01/09)
  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)